kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナから始まる世界危機? 外国製ワクチンは危険です

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

ウクライナで新型インフルエンザか、生物兵器が空からまかれた?

季節性インフルエンザ+カリフォルニアインフルエンザ+新型インフルエンザ=スーパーインフルエンザ

ウクライナはヨーロッパのど真ん中にある国だ東にロシア西にはEU諸国、そして南側はトルコだ。黒海沿岸からヨーロッパへ運ばれる天然ガスのパイプラインが通っているエネルギーの要の地だ。地政学的に重要でありユダヤ人の生まれ故郷です、ペストはユダヤ人の移動とともに世界中に広がりました。新型インフルエンザの変異体ではないことを祈っております。

日本国内のではニュースとして扱われていません。ウクライナの位置を地図で確認できます。

無題 ←クリックすると大きくなります。

 


 

新型インフルエンザのワクチンは危険です。!

○ ワクチン17万回分、使用中止に=英社製、カナダで高比率副作用-新型インフル

問題となったグラクソのワクチンには国産には含まれない免疫補助剤(アジュバント)が添加されているほか、筋肉注射を行うなど製造、使用方法が国産と異なっている。長妻昭厚労相は23日、東京都内で開いた記者会見で「昨日、グラクソの担当者を呼んで話を聞いたが、詳細はつかめていない。12月上旬までに調査団を送り込んで、実態を把握していこうと考えている」と述べた。その上で、副作用が一部の生産ロットに限定されるものか、製造などに起因するものかどうかについて確認を急ぐ考えを示した。(2009/11/23-13:54)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009112300020

 

○ 新型インフルエンザについて免疫学の安保徹先生はおもしろい発言をしています。「若者よ新型インフルエンザに大いにかかれ」 21世紀型医療は「自分で治す」~手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1989

 「ワクチンなんて歴史的に効いたためしはほとんどありません。弱めたウイルスを使ってワクチンを作っているわけで、本物の抗体ができないのです。今までにワクチンを打った人で、その後インフルエンザにかからずに済んだという例は1つもありません」 本文より引用。


 

死者の肺は真黒 ウクライナで謎のインフルエンザが流行、既に315人死亡

 【大紀元日本11月19日】現在ウクライナでは謎のスーパーインフルエンザが大流行している。死亡した患者の肺は炭のように黒く、内出血と肺水腫の症状があり、第1次世界大戦後のスペイン風邪に状況がよく似ている。ウクライナ政府の発表によると、現地では16日の時点ですでに140万人が感染、315人が死亡しており、近隣諸国のパニックを引き起こしている。WHOの先週の論評では、現地のウィルスは突然変異していないとのことだが、世界的流行病の第二波であると考えられているようだ。

 今回のインフル発生後、当初はH1N1インフルと考えられていたが、間もなく、3種のインフルが変種したウィルス性肺炎であることが伝えられ、新型インフルと別のインフルが結合し、スーパーインフルに変種したのではないかと指摘されている。

 ウクライナの救急医師Myron Borysevych氏は、このインフルエンザウィルスはH1N1型でも肺炎でもないと見ていると述べた。医師らは、このインフルは内出血と肺水腫の症状があり、スペイン風邪に類似していると考えている。また、西部地区の医師がこのウィルスによって死亡した患者を解剖したところ、肺が炭のように黒く、まるで焼け焦げたようになっていたという。

 ウクライナ首相、WHO専門家にウィルス分析を依頼

 ウクライナのビクトルユシチェンコ大統領は、WHO専門家9人を首都キエフ及びリヴィヴに緊急召集してウィルス検査を行い、英ロンドンへ送って分析を行っている。大統領はさらに、現在多くの人が死に直面し、インフル大流行により医師まで死亡していると伝えた。

 「他の国で流行しているインフルとは異なり、ウクライナでは新型インフルのほかにも季節性インフルとカリフォルニアインフルが同時に流行している。ウィルス学者は、この3種のウィルスが変異して一つに結合してしまえば、攻撃力を持つ合成ウィルスになるだろうと推測している」と大統領が伝えている。

 17日、WHOはサイト上で、ウクライナの新型インフルは、今年4月に始まった新型インフルの遺伝子と同じであり、突然変異ではないことを伝えた。

 1日で2万人近くが感染

 ウクライナ「キエフポスト」紙は、15日の時点で、インフル感染と呼吸道ウィルスによる死亡者は299人に増え、134・7万人が感染しており、当日24時間以内に1万7千人余りが感染していると報道。この数字は1時間ごとに更新されている。現在さらに多くの人の感染が伝えられ、特に西ウクライナ9地区に集中しているようだ。

 現在ロシア、スロバキア、ポーランド、ハンガリー、ルーマニアはすでに、入国するウクライナ人に対して健康診断の実施を開始している。ポーランドのトゥスク首相は、欧州委員会とEU議長国のスウェーデンのラインフェルト首相に書簡を出し、「EUレベルでの迅速な行動が必要である」と促した。

                                       http://www.epochtimes.jp/jp/2009/11/html/d31787.html

 

 


スポンサーサイト

今こそ金を買う

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

 ロンドン金市場受け渡し適合品

 

london_img_02.jpg 

 

g_coin_txt.gif 

 

ロン ドン金市場受渡適合品は、ロンドン金市場において実際に受渡しされる金塊です。

この金塊には溶解業者の刻印(Melter's Mark)、分析業者の刻印(Assayer's Mark)、品位の刻印、製造年号と連番のみで重量の刻印はありません。金塊の特定には、製造年号と連番が必要です。また、重量も約400トロイオンス(12.5kg)前後で1本毎に重量が異なります。

販売価格: (実際の重量)X(1g当りの税込小売価格 -2円10銭)

金1グラム 3469円 (11月18日)

                            田中貴金属株式会社ホームページより引用


 

専門家も騙される偽物にご用心!!

貧乏人には「円」以外見ることは無いけれども、バンクーバーオリンピックが終わった頃に始まる本格的な金融危機に備えて財産の一部を「金」に置き換えている人達も多いことだろう。今こそ金を買う時だと煽る作家さんもいるくらいだから。

2008年9月11日以前に発行されたドルは国際通貨として流通している香港ドルに置き換えられ、香港ドルは金で裏付けられた金本位制に移行するようだ。いずれ中国のドルが変動相場制になったときには「元」がドルに変わって基軸通貨になるプランがあるようだ。ドルで世界を支配続けたい人達は2012年12月21日に向けて最終戦争をやる計画があるという。お金がなければ戦争なんてできないはずだが。

2010年のバンクバーオリンピックが終わった時からドルが下がりだし本格的な金融危機が始まると言われている。世界恐慌に備えて資産を「円」と「金」と「米」に分けて備えている人達もいるようだ。

米国債をたくさん持つ中国はイギリス中央銀行から「金塊」を購入し分析したところ金のメッキを張ったタングステンの固まりであったそうだ。金とタングステンは同じくらいの重さです。市場には販売された金の三倍の量の金があると言われているから気をつけたほうがいいです。金100パーセントのネックレスをつけていたが金属アレルギーの症状になった人達もいるようだ。

アメリカのノースフォーク陸軍基地に預けてある世界各国の金塊も偽物と入れ替えられているかもしれない。

                   images.jpg 

                   タングステンのあんこ入りゴールド

パパブッシュは無事だった テキサス銃乱射事件

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

CNN news

テキサスの陸軍基地で銃乱射、死者12人 容疑者は生存

http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200911060001.html

(CNN) 米テキサス州のフォート・フッド陸軍基地で5日、銃乱射事件が発生し、兵士ら12人が死亡、31人が負傷した。犯人とみられる男は当初、緊急出動した警察要員に殺害されたと報道されたが、後に生存が確認され、病院に収容されている。

 

捜査当局がCNNに語ったところによると、容疑者は精神科医の資格を持つニダル・マリク・ハサン少佐(39)と特定された。

 

軍報道官らによると、ハサン少佐は同日午後1時半(日本時間6日午前4時半)ごろ、イラク派遣兵士らの手続き、訓練センターとなっているスポーツ施設で、けん銃2丁を乱射した。施設内では、派遣予定の兵士らが書類記入などを行っていた。警察は共犯の疑いで兵士2人を拘束したが、その後釈放。さらに別の1人を拘束して事情を聴いているという。

(真実を隠す為に犯人を逃がしたのか疑われるところだ)

 

ハサン少佐は同基地内の軍病院で精神科医を務めていた。地元CNN系列局が同州選出のハチソン上院議員の話として伝えたところによると、同少佐は近くイラクへ派遣されることが決まり、動揺していたとされる。

 

フォート・フッド基地は兵士4万人を擁する国内最大の陸軍基地。オバマ大統領は事件の知らせを受け、「恐ろしい悲劇だ」との声明を発表。犠牲者らに哀悼の意を表した。

 


 こちらの報道が真実かもしれない。

テキサス銃乱射事件はギャングの抗争事件だった?!

ブッシュ一族VS新金融システム派の内乱?

「金」と交換できるドルが欲しいのだ。

            ベンジャミンフルフォードのメールマガジンより

先日、13人もの死亡者を出した“テキサスでの銃乱射事件”は、プロパガンダ
マスコミが報道しているような“1人の精神問題を抱えている人物によるもの”
ではなかった。
この銃乱射事件は、テキサスにあるブッシュ家所有の牧場近くにある米軍基地
で起きた。MI6によると、パパブッシュの周辺人物数人がこの銃乱射事件によっ
て死亡しているのだという。一時“パパブッシュも殺された”という情報が入
ったがこれは誤報だった。この銃乱射事件の真相とは、1933年と1934年の米国
債と金を巡っての争いだった。
(2008年9月11日以前に印刷された米ドルは現在1グラム28ドルで金と交換できる金本位制が復活している、今印刷されているドルは紙くずでしかない)

結局パパブッシュ一派は最後まで新金融システム推進派には賛同せず、今まで
自分達が持っていた印刷機の利権を諦めないつもりのようだ。彼らは、新金融
システム推進派から一銭も得ることは出来ない。

そこで、追い詰められたパパブッシュ一派は今、アメリカでクーデターと戒厳
令を企んでいる。彼らの計画ではバイデン副大統領を辞任させ、ヒラリーを副
大統領にする。その後、オバマ大統領の同性愛相手をマスコミに出したり、彼
の出生地に関する問題などを公にして、大統領の座から引きずりおろすことに
なっているのだとMI6やCIA筋は言っている。しかし、そんな計画が上手くは
ずがない。
(副島隆彦先生は2010年 オバマは大統領を辞めるそしてヒラリー・クリントンが 大統領になると予言している)       

金融危機 日本の復興

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

Style FM 金融特番 「金融崩壊後の世界」 安部芳裕

                    11月15日までの放送です。 

 1 http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=128 ←ビデオへのリンク

 1999年 金融自由化(グラス・スティーガル法廃止)、 マネーゲームが始まった。

銀行で証券の販売ができるようになった。

世界恐慌の経験から法律によって銀行と投資銀行の業務がが明確に分けられていたがレーガン政権になり金融の自由化によって銀行で証券を扱うことができるようになった。預かったお金を産業に投資し利ざやを稼ぐのが銀行の仕事だったが、投資銀行と業務の境が無くなったために預かったお金でマネーゲームを始めた。本来なら産業に投資されるお金がなくなり不景気になた。銀行がマネーゲームに失敗し大きな損失をこうむるようにもなった。

投資銀行はある国に対して大金を投資しバブルを作り出すことができる、そしてバブルになった証券市場から一度にお金を引き上げ恐慌を起こすことができる。恐慌が起こり株値が底値になった時に今度は株を買い占めて大儲けする。国家は破綻した銀行に対して税金をつぎ込み救済する。長年にわたり同じことが繰り返されてきた。


銀行に預金する時には預けたお金を産業にしか投資しない銀行に預けるのが安全だと言われている。信用金庫とか労金では証券をあつかっているのだろうか、不安になってきた。

アメリカの累積赤字は一京円に達する。 しかし日本も中国も国債を買うのをややめてしまった。現在はFRBが国債を買い付け面倒を見ているがそれも10月で終わる。製造業を辞めたアメリカには商品はドルしかないのだ、ドルが売れなくなったアメリカは倒産するしかない。

 http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=129

アメリカは復興計画ができているが日本はできていない。

10月末でFRBは米国債の買い付けをやめる。

アメリカはドルを大量に印刷しハイパーインフレの道を選ぶか、ドルから新しい通貨に切り替え借金を精算するかの二つの道しかない。

アメリカが倒産した時には日本が持つ米国債が紙くずになり日本の資産が減ることになる結果として円の価値が下がるだろう。そしてドル先物取引されている石油、食料、金属などの値段が上昇する。日本に輸入される商品は軒並み値上げされインフレと不況になる、日本は米国の倒産に対する準備をしていないために国家破綻するかもしれない。

南米統一通貨や東アジア統一通貨などの案が出てきているが国際銀行家達は世界統一通貨を考えている。G20が主導しIMFSDRの引き出し権がバスケット通貨として使用されるようになるだろう。


  http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=130

金融崩壊の原因

4  http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=131

金融崩壊の解決法

中央銀行の国有化し政府発行紙幣を発行する。

日本銀行の株式は50パーセントをロスチャイルド財閥が所有し残りを日本のある家族が所有すると言われている。株式会社である日本銀行を国有化することで通貨の発行権を財務省に取り返す。財務省は国債を発行する必要が無くなり政府発行紙幣で国家を運営することができる。

ベーシックインカムを導入する。一ヶ月5万円の国民配当を配る。

子供手当を廃止しベーシックインカムを導入する、全国民に対して月5万円を配る。

詳しくは 田中康夫先生の説明で、、、。

 

原油取引 ドルから他の通貨へ

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

次の通貨は、、、。

FEB(米連銀)の倒産の噂とともに各国政府がドル以外の通貨を使い石油の取引をする模索が始まっているようだ。金などの鉱物資源ドルなどの通貨をまとめたバスケット通貨を使用するとかIMFのSDRを担保とする通貨案などが出ているといわれる。とにかく素人には何がなにやらわからないことだらけだ。

下記の記事で問題になっているのは原油の価格が先物取引(ドル建て)で決められるためドルと兌換できない国との貿易をどうするか、もめている?。素人にはよくわからない。

原油の売買がドル以外の通貨で行われることになれば長年続いてきたロックフェラーの世界支配は終わることになる。ドルに変わる通貨が現れない限り貿易は一時的に止まることになり、日本などは食料不足に見回れるかもしれない。


                                   10月6日 MSN Japan  サンケイ経済ニュース

 原油取引でのドル利用停止協議との報道、ドルの地位低下を反映

ロイター

拡大表示へ

 10月6日、原油取引でのドル利用停止協議との報道は、ドルの地位低下を裏付けられる形となった。写真はトロントで昨年3月に撮影した米ドル紙幣(2009年 ロイター/Mark Blinch

 [シンガポール 6日 ロイター] 英インディペンデント紙が6日、アラブ湾岸諸国が原油取引でのドル利用を停止し、人民元などで構成する通貨バスケット建て取引に移行する案をロシア・中国・日本・フランスと極秘に協議していると報道、ドルの地位低下が裏付けられる形となった。

 同紙がアラブ諸国や中国の匿名の銀行筋の情報として伝えたところによると、ドルの代わりに使う通貨バスケットは、円・人民元・ユーロ・金のほか、サウジアラビア、アブダビ、クウェート、カタールなど湾岸協力会議(GCC)関係国が計画している統一通貨などで構成される。

 原油の取引通貨としてドルを使うのをやめること自体は、イランがすでに実行していることでもあり、それほど困難ではないかもしれない。

 ずっと難しいのは、原油価格の設定をドル建てから変えることだ。現在はニューヨークからドバイ、シンガポールまで、原油のベンチマーク価格はドル建てとなっており、これを変えるには大変な努力が必要だ。

 つまり、原油取引でのドル利用停止が仮に実行された場合には、輸出国は外貨準備の多様化が容易になり、輸入国は代金支払いのためにドルを取得する必要性がなくなるという点では外為市場にとって大きなニュースだろうが、原油取引自体の革命につながるとは考えにくい。

 ドル建ての原油取引停止は新しい案ではなく、ドルの下落に伴いここ10年、度々浮上しているが、これまでのところ実現したことはない。

 原油のドル以外での売買シェアが上昇したとしても、こうした売買の価格を決定する指標がドル建てという現実を変えることにはならない。 

 <原油の指標価格はドル建て> 

 原油の取引通貨をドルから変えようとする上で障害になるのは、アラブ産油国と米国との間の強固な政治的結びつき以外に、世界で最も流動性の高い原油市場はニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)であり、それに続くのはロンドンのブレント先物という現実だ。

 ドバイで2年前に取引が始まったオマーンの原油先物もドル建てだ。

 アラブ産油国が原油輸出に関する規制を緩和し、ベンチマーク設定が自由にならない限りは、産油国が取引通貨に影響を与えるのは困難だ。

 日本と中国では、自国通貨建ての原油先物取引が行われているものの、最終的には域内のドル建てベンチマークにリンクバックしている。

 <兌換性の問題> 

 人民元やアラブ湾岸諸国の通貨の多くが完全兌換性を持っていないという問題も、ドル利用停止に向けた動きにとって大きな障害となるとみられる。 

 <イランの事例> 

 イランは、ドルの利用低減という点では、一定の成功を収めている。

 イランは2年前、アジアの顧客に対し、ドル以外の通貨での決済を要請。大半が同意した。しかしイランは依然として、輸出価格を決定する際、ドル建ての指標価格にリンクしたフォーミュラを参考にしている。

 イランは石油輸出国機構(OPEC)に対し、国際価格の算定にドルを使わないように要請しているが、今のところ支持は得られていない。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。