kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くさなぎ君の本音?

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

08c76bd839180d5389f94ad32dfaf999[1] 

                             情報流通促進計画byやめ記者弁護士さんより   イラスト 橋本勝

アナログテレビをご覧の皆様、デジタルになっても大丈夫ですよ。画面の右上のアナログの文字の上に地デジとマジックで書きましょう。?

地上デジタル放送に完全移行してもアナログ放送時代のドリフターズを流し続ければアナログもデジタルも同じだね。放送する番組がないなら休んだほうがいいのでは、地球の資源は限りがあるし悪質な自民党とナンミョウの宣伝番組はやめてほしいものだね。内容がない番組を放送し続けるくらいなら地球のために休業すればいい。

平成金融恐慌で新しくテレビを買える人は何人いるのか、テレビを作る工場は操業が短縮されているし、フル生産しなければまにあわないよ。テレビなんていらない。

北野誠さんがテレビでお詫びの記者会見した。宗教団体とか893を批判したことはないというだけで、なぜ永久追放されることになったのか事件の顛末を話さないからさっぱりわからない。ナンミョウや893を批判すると仕事ができなくなるぞ。芸能界全体への脅しとしか理解できない。ネットで検索してみてもネット全体が口封じされているみたいで何もわからないのだ。

タレントさんは先輩やプロダクションから「タレント辞めますかそれとも北朝鮮の宗教やリますか。」と、、、。ほんとうだろうか。

テレビはお金がないとから若いお笑いタレントばかりの仕事場になりさがり、自公政権をヨイショする報道しかできなくなっている。このままではテレビが消滅する日も近いだろう。

スポンサーサイト

悪党天国 日本チャチャ♪

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

政・官・業・外・電の御用役者たち。

                                ヘンリー・オーツさんの作品です

日本人の郵便貯金や年金をアメリカに移動させることでアメリカからご褒美をもらっていた連中のコレクションだ。新聞もテレビも本当のことを報道するのをやめてからずいぶん時間がたっている。

テレビ番組全体がお笑い番組となり政治家が出てくるお笑い番組がたくさんある。議論をしているはずが結論のないお笑や怒鳴りあいに化けていく。日本には本当のことを報道する番組はなくなってしまった。アイドルが酔っ払って服を脱いで騒いでいただけで大騒ぎするマスゴミ。本当なら保護しなければならない警察が逮捕、マスゴミが喜ぶだけだ。ばかばかしいもっと報道しなければならないことがあるはずだ。

芸能界から永久追放された北野誠の報道は皆無だ。週刊誌もテレビも一言も報道しない。大手の芸能プロダクションが怖いのか、宗教団体が怖いのか知れないが、大事な事を避けて笑って済ませるような報道姿勢は紙や電波の無駄遣いだ。報道機関は権力の犯罪をチェックするのが仕事であるが、最近の朝日新聞は西松建設事件を記者と検察がでっち上げ「関係者の証言によりますと、、、、」と流し続けた、関係者てだれなのかを報道せずに検察の言うまま流し続けて国民世論をミスリードしたのだ。喜ぶのは自民党とナンミョウだけだ。

ヘンリ・オーツさんの名言で「鰻の入っていない鰻丼を食べるような報道、、、」というのがある、根本原因を明らかにしない報道は国民に真実を伝えないことであり違った方向にミスリードするための報道でしかないのだ。

鰻のない鰻丼を「鰻丼」だと言い続け、視聴者をミスリードし続ける田原総一郎やみのもんたなどの電波芸者たちは責任をとるときが近づいてきている。そして国民は鰻の入った鰻丼を腹いっぱい食べる時がきているのだ。本当のことを話そうではないか。

羊さんたちがんばる。

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

 

昨日は戦闘機でしたが今日は羊さんワンちゃん人間によるアクロバット?

サムソンのコマーシャルみたいですが芸術大賞あげちゃいます。

ブルーインパルス 

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

戦闘機の平和利用? 火薬の平和利用は花火 

子供もころ見たブルーインパルスは F86 現在はT4練習機

三菱F2(F16改造版)でブルーインパルス作ってくれないかね。

日米安保条約は存在しない。

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

○日本はアメリカにボディーガード代を払っている

「日本はアメリカに守ってもらっている」「日本が攻撃された場合にはアメリカが守ってくれるがアメリカが攻撃された時には日本はアメリカを助けることはできない」。議論はいろいろある。

アメリカの軍隊が日本にいる理由は地政学上便利だからだ。ヨーロッパではドイツ、アジアでは沖縄の嘉手納基地がヨーロッパからロシアに広がるユーラシア大陸を管理するのに便利な位置にあるからだ。どちらの空軍基地も別の国に再建築すると法外な予算が必要だ。そして日本もドイツも戦争で負けた国であるから戦争から60年以上たった現在もアメリカが占領され続けているのだ。アメリカが戦争経済を維持するために日本もドイツも地政学上重要な場所だから占領し続けているのだ。

日本がアメリカ軍に守ってもらっているだけでアメリカに対しては何もできないと言う人もいると思うが、実は日本はアメリカにボディガード代を払っている。まともな大人ならだれが考えてもおかしい「思いやり予算」2000億円以上を上乗せで払っているのだ。土地の賃貸料、基地で働く従業員の給料なんかも含まれる。

日本政府は米軍駐留経費の75パーセント程度を負担している、ドイツは20数パーセントだから同盟国では最高の額だ。アメリカは日本からは離れたくない、こんなに居心地がいい国はないのだ。日本がアメリカ軍は必要ないから帰ってくれと頼んでも帰らないだろう。アメリカ本土には帰るべき基地も家もないのだから。

日本では60年、70年安保闘争があったが80年も2000年安保闘争はなかった。71年から10年契約から一年更新になったのだ。大事な条約を国民に問うこともなく毎年更新され続けている。

ソビエトが崩壊し共産主義の脅威がなくなった時に日本政府は日米安全保障条約を継続するか否かを国民に問うべきであったのだ。

○日米同盟

「日米安保条約」は今は存在しない。あるのは「日米同盟」だ。

2005年10月29日の日米外務・国防大臣間の合意で「日米安保条約」は終了し「日米同盟」が結ばれた。国民の知らないうちに日米安保条約はなくなったのだ。

日米安保条約の活動範囲は「極東」であったが日米同盟は「世界」に活動範囲が変えられた。

日米安保条約は第六条で、「日本の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全に寄与するために」とする極東条項を持つ。

日米同盟では、「役割・任務・能力」において「地域及び世界における共通の戦略目標を達成するために」とされている。

共産主義の脅威がなくなりロシアや中国がアメリカや日本と同一の経済圏で活動することになり敵をなくしたアメリカ、戦争することで経済を維持してきた国だから新たな敵が必要であった。極東での冷戦が終了し新たな敵として現れたのはイスラム過激派であった。「テロとの戦い」が始まったのだ。

日本にテロの脅威が近づいているという人がいる。日本はイスラム諸国や中東の産油国とはきわめて有効な関係だからテロにあうことはないだろう。日本国内でイスラム過激派によるテロが実行されることになれば、それはアメリカと日米軍事同盟を結んでいるからだ。日米同盟がある限り自衛隊はアメリカの傭兵として地球の裏側まで行くことになるだろう。

アメリカでは合衆国政府からの独立を宣言する州政府は40州以上になっている。2008年9月11日をもって米連銀が発行するドル札は国際通貨として使用できなくなった。アメリカの中央銀行は国際通貨としてのドルを発行する権利をなくしたのだ。日本は沈みかけたアメリカとしんじゅするつもりなのか。早く米国債権を売り払ったほうがいい。

テレビに出てくる政治家や評論化が日米安保条約を口にする時、国民をばかにしているか、日米安保条約が存在しないことを知らない馬鹿だと思ったほうがいい。今あるのは日米同盟なのだから。政治かも文化人も国民もアメリカの洗脳から目を覚ます時が来ているのだ。


起こされるアセッション

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

                          

前回のヤメカルトの続編ヤメカルト2が公開されました。前回は草加学会の脱会hほう「創価脱会」がテーマでしたが今回はもっと厄介な「統一教会」特集です。

内容はかなりやばいです。ビデオの紹介など漫画やらイラストで理解しやすくなっています。合同結婚式のビデオでは元総理の安部晋三や中川秀直などの自民党の先生方からの祝電が公開されていています。自民党のスポンサーは統一教会ですから当然ですね。

面白いのは統一教会の信者さんは女性が多いために合同結婚式を維持するためには男性は離婚をして次の女性と合同結婚式で結婚するなんて話がありますが本当でしょうか。

日本は二つのカルトに支配されています。公明党は創価学会、自民党と民主党(旧民社党)の議員は親の代から統一教会のお世話になっています。安部晋三さんと金さんがお友達であってもおかしくないですね。

「アッセション、人類が2012年になると新しい人類として生まれ変わる。」人類がの再生、地球の再生のために天変地変が起こりたくさんの人達が自然災害で死ぬことになる。似非予言者だけでなく文化人が根拠でもあるように言っているのですが本当でしょうか。今回の金融危機や温暖化は地球の環境を正しい形に戻すための行為であり、その象徴は黒人大統領オバマの登場だ。神様が地球の危機を救うそのために人口が30億人になるがアセッションで地球は救われる。宇宙人や地底人が人類を救ってくれる。

金融危機で追い詰められている人が多いから信じている人も多いはずだ。できれば宇宙人や神様に助けてもらいたい人もたくさんいるはずだ。しかしアセッションは根拠のない宗教だ。2012年12月23日に何が起こされるのだろうか、そして2013年1月13日の意味は、、、、。NWOの意味は。

 

毒で毒を制するには

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

  

                                  政官行電外

 

●政官業の癒着

政官業の癒着は昔から言われてたことで簡単な構図だ。

政治家(政)は役人(官)に公共工事の予定価格を聞く。お礼として役人の作った法案を当してあげたり天下り先を作ってあげる。

政治家は公共工事の予定価格を土建屋(業)に教える。土建屋から政治家にお金や選挙の手伝いでお礼する。

●政官業外電の癒着

小沢秘書逮捕事件を例にとって見ると金融危機で国家破滅を前にしているアメリカにはそんな力はないというかもしれないがヒラリークリントン国務長官が帰国してから起こった事件だ。小沢は「日米の関係は従属関係でなく対等でなければならない」と発言したのだ。

ヒラリーの叔父に当たるデビット・ロックフェラーは田中角栄のロッキード事件などを日本のメディアとともに捏造してきた歴史がある。角栄の弟子の小沢は日本のリーダとしては必要ないのだ。最近の公開された情報によると岸信介や読売の正力オーナーはCIAの工作員であったことが明らかにされている。

今回の小沢秘書事件は朝日新聞の司法記者と検索の合作といううわさが流れている、最近の新聞記者の仕事は記者会見で検察の役人が「関係者が○○と言った」と一歩的に流す情報を確認もしないで競争して流す。馬鹿な国民は簡単にだまされてしまう。

座間や横田の米軍基地では日本の政治家や文化人のスキャンダルが資料として蓄えられており必要なときには雑誌の記者に流すようになっているという。

アメリカ(外)→新聞や田原総一郎(電)→反小沢(政)→検察(官)→西松建設(業)

今回の小沢秘書逮捕事件で国民は「国策捜査」という言葉を覚えたはずだ。国策操作そして邪魔な人間を殺す「国策殺人」なんていうのがありそうだ。

●毒で毒を制する

田中角栄の弟子、小沢一郎さんはお金にはうるさい古い政治家だ。政治家の仕事は法律を作ることだから企業に仕事を斡旋したりするのは本来の仕事ではない。

60年以上続く自民党政権は政官業の癒着が本望とする政党だ。金持ちの生活を優先する団体だ。自分たちの利権を維持するために国民の年金や郵便貯金をアメリカに流し続けてきた。そしてマスコミを利用して国民をだまし続けてきた。

政権交代するためにはお金にきれいな政治家や二世や三世のボンボンでは政権交代することはできない。

自民党の「毒」に対抗して政権交代するためには小沢一郎の「毒」力が必要だ。アメリカのポチから普通の国になる必要があるのだ。

韓国 人工衛星打ち上げ

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

                                                            

                                   jijikorearo[1]

                                  韓国全羅南道の高興にある羅老宇宙センターで公開された
                                  韓国初の宇宙ロケットKSLV1号。
                                 航空宇宙研究院は同号を7月に打ち上げ、
                                 小型の実験衛星を地球軌道に乗せる計画(15日) 
                                  【EPA=時事】

 

韓国がロケット打ち上げを7月に行うようだ。宇宙ロケットKLV1号はロシアと共同開発したものだ。

北朝鮮の人工衛星は失敗したようだが韓国のはうまく行くのだろうか。韓国の物体はロケットで北朝鮮のはミサイルと分類されるよで日本語は難しいですね。同じように日本列島を飛び越えていくようならイージス艦を日本海にならべ本土にも防衛用のミサイルを並べなければならない。忙しくなる自衛隊のみなさんがんばって下さい。

北も南のどちらが早く本物の人工衛星を上げるか気が気ではないだろう。韓国も北朝鮮も打ち上げの様子を実況中継してください。日本政府の役人も自衛隊も誤報を流す心配がなくなるから。インターネットで実況中継いいアイデアだと思いますがね,「3,2,1、発射」北朝鮮からの生放送です!!。


アメリカ一辺倒では国益を失う大きな理由

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

               日米同盟の正体 孫崎享 著   講談社現代新書

                迷走する安全保障     

                     03092624[1]

自衛隊て軍隊なんだけれども、陸上自衛隊はともかくとしても海上自衛隊は潜水艦を見つけるのは世界一、航空自衛隊は戦闘機を見つけて追いかけるのは世界一、他の分野はダメ。極東でのアメリカ軍の補完をするための軍隊として育成されているから日本の軍隊とは言えないのだ。日本には国民を外敵から守るためにバランスのとれた軍隊が必要なのだ。

先日ヒラリー・クリントン国務長官が来日した時に小沢一郎さんは「日本は日本の自衛隊で防衛します。日本の力でできないところはアメリカに手伝ってもらいたい。アメリカ軍は第七艦隊くらいでいいのではか。」と発言した。ヒラリーさんはアメリカに追従する政治家や官僚よりも小沢さんみたいな大人の意見をもった小沢さんともっと話がしったかったようだ。

60年安保、70年安保と大きな政治闘争があった。なぜ90年安保や2000年安保はなかったのだろうか。10年更新の安保条約が71年から1年更新となり2005年からは極東での安全保障条約から日米同盟代わりアメリカ軍が展開する戦場での日米同盟に変えられてしまった。国民の知らないうちにアメリカの下請け軍隊として地球の裏側まで着いていく軍隊に変えられてしまったのだ。

自衛隊を日本以外の国に派遣すること、「海賊退治」の美名のもとに軍艦を派遣することは侵略にあたる。軍隊を海外に派遣するには覚悟が必要だ。

国民は政治家を選ぶことはできるが官僚を選ぶことはできない。日本の独立を維持するために命がけで働く官僚を育てなければならない、優秀な官僚なら給料は高くてもいいではないか。

 

 


 

 

 

書評として著者である孫崎享さんと同じ元外務官僚出身のの天木直人さんの要約を転載しておきます。

1.日米安保条約は、2005年10月29日の日米外務・国防大臣間の合意
(日米同盟:未来のための変革と再編)によってとって代わられた。しかし
政府・外務省は、国民には、何も変わらない、といい続けてきた。

2.日米同盟関係というが、実態は、守屋元防衛次官が認めているように、
米国が一方的に決めたものを日本が従うだけの関係である。そもそも自主、
自立した安全保障政策を持たない日本なのだから、「共通の戦略」などあろう
はずはない。米国の戦略に従うほかはない。

3.日本に国際貢献を求める米国の狙いは、政治的に受け入れやすいものから
はじめて、最後は軍事協力に行かざるをえない状況にもっていくことである。
PKOや人道支援、文民協力を言い出し始めたのはその戦略のあらわれだ。

4.日本人は安全保障問題を軍事的、戦略的に考える事ができないので、経済
を絡ませて説得すればいい、と米国は考えている。石油に依存する日本は中東
問題に貢献しなければならない、などというのがその好例である。

5.危険の分担は求める。しかし自立した抑止力は決して持たせない。これが
米国の一貫した対日安全保障政策である。

6.米国の重要な外交は謀略でつくりだされてきた。南北戦争も真珠湾攻撃も
9・11も、それをきっかけに国民を戦争に駆り立てる謀略だった。米国は
北方領土問題でみずからの立場をわざと曖昧にし、日本とロシアを永久に
争わせる、それが米国の戦略だった。

7.日米同盟を唱える者たちは、米国の戦略が正しいと思ってそう言っている
のではない。損得勘定で得だと考えたからだ。「議論で勝って(正しい政策を
主張して)、人事で飛ばされる」、それが組織で生き残る知恵だ。なんと
寂しいセリフだろう。

8.いまの米国の安全保障政策の要は中東政策である。その米国と軍事的一体化
を進める日米同盟強化が、国益なのか。日本国民のためなのか。

9.日本ではいま、ミサイル防衛が国防の柱になりつつある。しかしそれは有効
ではない。ミサイルが真に怖いのは核弾頭を搭載した場合である。
  そしてそのミサイル攻撃に最も脆弱なのは日本なのだ。日本はミサイル戦争
をしてはならない国である。 
 
               天木直人さんのメールマガジンより

Category :

お外へゴーゴー!

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

 

      春本番、今日は亀日和

        DSC01015.jpg

    りく亀さんたちは温室から野外運動場へ 菜の花食べ放題です。 

    穴掘り放題です。  

 

       DSC01012.jpg

   水がめさんたちは発泡スチロールの冬眠箱からプールへ。

   小さく見えるが運動靴くらいの大きさです。

 

 金融特番  副島隆彦、ベンジャミン・フルフォード両氏に聞く

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

本のコーナーで紹介してきた副島隆彦さんとベンジャミン・フルフォードさんのインタビュー特集です。両氏とも政治・経済が専門であり、私たちがテレビで見る御用評論家達とは違った視点から金融危機、北朝鮮、アメリカの崩壊を論じています。

残念ながら両氏はテレビでは拝見することができません。彼らのような真の政治家や評論家たちの登場する日が待たれます。

 4月1日から5月10日までの期間限定放送です。(動画)

転送速度が遅いようなので回線の空いている時に見るといいですね。

 副島隆彦特番

第1部:北朝鮮の現在の情勢
http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=81

米軍と兵器産業を守るためのテポドン。

第2部:G20後の経済状況は?

http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=82

中川財務大臣に薬を飲ましたのはだれだ。


第3部:アメリカ大統領 バラク・オバマについて
http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=83

オバマは来年失脚する。そしてヒラリー・クリントンが大統領になる。

ベンジャミン・フルフォード特番

http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=80

外国為替のドルが暴落しない理由は。

                         Style FM 女性のための放送局 より

 

エコロジーという洗脳

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

                                                                                                              

                                  d0033598_14205725[1]

 

環境サミットが洞爺湖で行われた時、新聞やテレビは朝から深夜まで二酸化炭素が温暖化をもたらすと騒ぎ続けた。

二酸化炭素が温暖化の犯人、人違いでしょうといいたい。温暖化の原因として証明した学者は誰もいないし二酸化炭素が原因だとしてもいろいろある中の10番目位だろう。

サブプライムローンという金融商品を発明した経済学者たちは今度は空気に税金をかける環境税なるものを発明した。どこにでもあって 希少価値のない空気にお金という価値をくっつけて売り買いするシステムをつくりだした。世界中で取引をするというとんでもない発明に日本政府をはじめ各国が参加するというのだ。

エコロジーという魔法の言葉で商売できる。金融恐慌を引き起こしたやつらが考えた二酸化炭素の増加で地球は温暖化している。馬鹿としかおもえない。

沖縄の珊瑚礁が海水の温暖化によって白化現象を起こし死にかけている、本当だろうか。海水温度の上昇ではなく公共事業による赤土の流出のよって白化現象を起こしているのが真実だそうだ。温暖化によって白化現象が起きるのではなく赤土の流出による公害が原因だ。都合の悪いことを隠すために温暖化という言葉が使われている。

ハイブリットカー「プリウス」を買う人達には二種類ある。ひとつは私は環境問題に取り組んでいる、個人の人格の証明として団塊の世代のインテリ層たちだ。もうひとつは石油の消費量を意図的に落とすことによって中東の産油国や、反米的なロシアやベネズエラの経済成長を押さえアメリカの経済的覇権を維持するための政策を実行するためだ、オバマ大統領のグリンニューディールもそのいっかんだ。

日本のメディアは二酸化炭素、漢字の読めない麻生、小沢問題、テポドン、次から次へ言葉を吐き出し視聴者を洗脳続けている。テレビは馬鹿製造機でしかない。

Category :

宗教非課税は撤廃が必要

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

簡単に理解できる世界の構造。

リチャードさんの今回のテーマは「ヤメカルト」です。宗教団体からおさらばする方法です。

世界平和をとなえる団体がどうしてイラクに自衛隊派兵を認めたのですか。

イスラエルのガザ地区攻撃に対してどういう対応をしたのですか。

自衛隊はイラクで何人戦死したのですか追求してみてください。なんと答えるでしょうか。

はっきり「やめますと」言えば脱会できるそうです。元学会員の体験談などもろたくさんです。ヤメカルト2も期待できます。

北朝鮮のミサイルは日本の政治家や宗教団体が寄付したお金で作られました。国民に危機をあおる政治家もマスコミもぐるで国民を脅しています。宗教団体は非課税ですからお金の使い方がわかりません。金融派生商品に投資したり麻薬の売買の資金にしたりやりたいほうだいです。お金の流れをはっきりさすべきです。

「気分は戦争」臨戦態勢を戦後初めてとった日本政府は1兆円の税金をつぎ込みアメリカと共同開発した迎撃用ミサイルは空母艦隊や基地の防衛に使われるもので到達距離は半径20キロ高度250キロで役に立ちません。軍隊は敵がいなくなると失業します、軍事産業もつぶれてしまいます。だから危機をあおっているのです。

宗教団体へのお布施やパチンコとゲームセンターで日本人から巻き上げたお金でミサイルを作り日本をおどし、迎撃用のミサイルは国民から巻き上げた税金で作る、儲かるのは軍事産業とユダヤの銀行家だけ、知らないのはB層の人だけです。

北朝鮮はアメリカや日本をのっとっている連中にとっては便利な金儲けの道具ですね。700万の信者さんが辞めたといえばいいのです。

リチャードさんがわかりやすく説明してくれます。

 

自衛隊で職業訓練

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

●経済的徴兵

日本は昔は国民皆兵で天皇の民草として国民は紙切れ一枚と命を交換していた時代があった。

ベトナム戦争で金儲けをしていた時のアメリカはくじ引きで当たった人が命と交換するシステムを持っていた、現在は志願制だが。

1970年代のアメリカは中産階級が大部分を占めておりそれなりに豊かな暮らしができていたから大学の学士を稼ぐためにベトナムへ人殺しに行く必要はなかった。だから兵隊を集めるのも志願制でなく徴兵制がとられていた。

中産階級が多かった時代は進んで戦場に行く人がいなかったから必要な人数をくじ引きで確保していたのだ。しかし80年代からの新自由主義経済の導入によって貧富の格差が拡大し少数の金持ちと多くの貧困層に二分したため大学へ行くためとか、移民がアメリカ国籍をとるためとか生活苦の解消のためなどの理由で志願兵が確保することができるようになった。経済的な格差を利用してより過酷な労働現場や戦場に国民を追いやることができるようになった。このことを「経済的徴兵」という。

●職業訓練という徴兵

100年に一度の金融恐慌下での雇用対策として県や市の組織は6ヶ月とかの雇用契約で非正規労働者の雇用を始めた。データーの入力作業や森林の調査などの仕事だ。失業中の人が雇用され一時しのぎの金が得られる、しかし6ヶ月後にはまた失業者に戻ることになるのだが。

北朝鮮の衛星打ち上げを利用して国民に危機感をあおり続ける防衛省も自衛隊の各駐屯地においてブルドーザーやユンボなどの大型重機の資格を取らすために職を失った労働者を対象とした職業訓練を全寮制で始めるようだ。法案を作った議員たちは耕作放棄地の活用や未整備の森林間伐などの担い手になることを期待していると言っている。

職業訓練を受け資格をとり技術を身につけるのはいいことだが、いつの間にか「重機」が「銃器」に変わってしまうことはないだろうか。イラクやアフガニスタンで活動している兵隊は制服を着た正規軍ではなく軍事派遣会社から派遣された民間人の方が多くなってきている。民間派遣兵は正規軍が行けないより危険な戦場で仕事をしている。

自衛隊の非正規労働者も契約終了後の就職先は自衛隊OBの経営する軍事派遣会社なんてことなるのではないかと危惧されるところだ。

豊かな社会は多くの中産階級がしめる社会だ、格差の大きく開いた社会では真の民主主義は育たない。格差社会は命とお金を容易に交換できる社会でしかないのだ。

次のページに 「自衛隊駐屯地で職業訓練 自民党内で構想浮上」 貼ってあります。

 

検察とマスコミによって作られる犯罪

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

小沢一郎さんが党の代表を辞めるべきだという、国民の意見が60パーセントを超えている。朝から晩までマスコミは政治資金規正法がどうのと騒いでいるたまものだろう。「関係者の証言によると、、、」関係者とはいったい誰だろうか。

最近の新聞記者は自分の足で取材するのではなく、記者会見で検察のおっさんが話したことをいかにも取材したようにそのまま記事にするのが仕事になっているようだから、「関係者によると、、、、」という記事を書くことになる。関係者とは誰だろうか。

自民党におだてられいいように使われ捨てられたホリエモンの事件の時よりも今回の方が「東京地検特捜部=国策操作」という図式が頭の中にインプットされたのではないだろうか。国策操作という言葉が始めて使われたのは鈴木宗男さんと佐藤優さんが逮捕された時からだ。

リンクしている檄論檄場において鈴木宗男さんは「秘書を逮捕した検察官も取調べを行っている人も全く同じ人がかかわっている、、、」と話している。また「関係者とは小沢一郎さんの元秘書で自民党から衆議院選挙に出ることが決まったいる人、、、」などと話している。鈴木宗男さんも国策操作で逮捕され裁判中であるために力が入った発言をしているようだ。

檄論檄場    動画があります。

出演

高野孟 (ジャーナリスト) 鈴木宗男 (新党大地) 田中良紹 (ジャーナリスト)

section,01  小沢一郎は辞任するな

section,02      劣化する検察 あぶりだされる”あり方

section ,03     危機対応能力を試される小沢

section,04       政治と金を問う そして総選挙

 


 

小泉政権の時の竹中平蔵のブレインの高橋洋一氏が置き引きで書類送検されたことが話題になったいる。なぜ現行犯なのに逮捕しないのか。植草一秀さんは家宅捜査され120日以上も拘留されてしまったのにおかしいではないか、与党の御用学者だから許してもらえるのかなどというのが一般的だが、少し違った見方の記事を紹介する。

引用開始

 もう一つの文脈は、国際金融資本から、高橋氏の政府紙幣発行論に対する脅迫があるのかもしれない。政府紙幣発行は国際金融資本と真っ向からぶつかるしろものだ。財務省筋からの口封じの可能性もあるかもしれない。高橋氏は、ある講演会で、財務省が不景気でも増税する理由は、税収が多いと財務官僚はポケットマネーを作れるからだと言った。彼は財務省筋に仕掛けられた可能性もあると友人は語っていたが・・。

 違和感が拭いきれないのは、5万円の財布と数十万円もする高級時計を、鍵をかけずにロッカーに入れるだろうか?という疑念がある。金持ちなら気にせずにそのような行動をとるかもしれないというのは、私のような貧乏人の浅はかな考えで、実際の金持ちは用心深い。豊島園のような世俗的な日帰り温泉に金持ちが行くだろうか?5万円の財布なんか盗まれてもヘッチャラ、ブルガリの高級腕時計(数十万円相当)なんか気を使う必要なしなどという金持ちが、火曜日の夜8時に豊島園の温泉に入るだろうか?

 真相は当事者たちから聞くまではわからないが、この事件には奇妙な違和感がある。

引用終わり                       神州の泉 高橋洋一氏窃盗事件の奇妙な違和感

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。