kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこに行くのか 日本

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

橋の下の「維新」より国民の「生活」党が政権を取るほうがいい。

かつて日本は自由な発言ができる国家であった。

2009年の市民革命で政権交代を果たし、いよいよ「独立国家」として船出するはずであった。

しかし日本国籍を持っているだけで日本人のふりをした売国奴政治家が三分の二をしめる民主党政権。

選んだのは日本国民だ、アメリカから独立を模索する鳩山、小沢をマスコミ総動員で潰したのも馬鹿国民だ。

日本人のふりをした政治家さんたちが日本をつぶし始めた。彼らには帰る国が大陸にあるから日本を破壊しても平気だ。

橋の下総理で言論弾圧、売国は完成するのだね。

橋の下は坂本龍馬と同じ運命が待っているようでならない。維新が政権を取った時には橋の下は必要ないからだ。

龍馬暗殺、、、。


ハシゲでハシズム、気がつけば日本人のふりをした外国人ばかりの国家誕生。





TPPと徴兵が抜けているが北朝鮮以下の弾圧国家「日本」がもうすぐ完成する。

「人権委員会設置法案(=人権救済機関設置法案)」
「マイナンバー制度」(共通番号制度)
「コンピューター監視法案」
「私的違法ダウンロード刑罰化」
「秘密保全法」
ACTA(アクタ)」(Anti-Counterfeiting
Trade Agreement
模倣品・海賊版拡散防止条約は、知的財産権の保護に関する国際条約)
⑦ 暴排条例&改正暴対法

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。