kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 新しい世界が始まる

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

今の世界をたとえるなら


現在の世界経済状態を考えると、こういう例えができる。
昔のエジプトかバビロニアで、たくさんの奴隷が巨大な彫像を造っている。奴
隷みなが毎日、石を運んだり砕いたりする代わりに報酬として“食糧札”をも
らう。その食糧札で皆は生活している。


ある時、一般人の知らないところで王様が失脚する。最初は上層部の数名しか
その事実を知らない。その数名の間で新しい王様が決められる。
新しい王様は前の王様のことが大嫌いだったので、前の王様の彫像建築を止め
るよう命令を下す。次に、その命令が上層部の幹部から次に高級とされる幹部
にのみ伝えられる。そして、そのうちに彼らから建築現場の奴隷に『仕事を休
め』という命令が下される。


それでじわじわと仕事が止まる。上で何が起きているのか知らされていない奴
隷たちは皆、不安になる。まず、失業するので『食糧札を貰えるかな?』と不
安になる。彫像建築現場以外の仕事はそのまま続くが、奴隷たちの間には不安
がじわじわと広がり始める。失業した奴隷たちは、とりあえず食料だけは“福
祉”という形で貰うが、バー行ったり物を買ったりする余裕はなくなる。そし
て、町の経済学者が“食糧札危機”について書いたり論じたりするようになる。



その間、上層部では新しい王様が奴隷に与える全く新しい仕事を考えている。
巨大なお寺や大学などの建築などを考えている。しかし、奴隷たちを新しい仕
事に就かせる前に、上部ではやらなければならない仕事が沢山ある。まず新公
共事業のデザインや設計図などを完成させなければならない。その後、必要な
原材料の確保や現場担当を集めなければならない。それから、やっと一般奴隷
たちを呼んで皆に新しい仕事の中身を説明することになる。その時点でようや
く皆が仕事を再開する。その後は景気が非常によくなる。また、新しい王様は
軍隊を減らして、浮いたお金で福祉を充実させる。奴隷たちの生活は以前より
ずっとよくなる。不安の代わりに素晴らしい楽観ムードが広がる。


今の世界状況は、まさにこの様なことになっている。
欧米の秘密政府が長年、着々と実施してきた“ニューワールドオダー計画”が
変わった。アジアの国々が『路線を変えないと、もうこれ以上お金は貸せない』
と言ってきたからだ。それ以後、世界ではいろいろな裏交渉が続いた。結果的
に世界の方針が変わろうとしている。いつの時でも方向転換をする時には必ず
一時期の混乱がある。必ず一時的な不安と失業が起きるのだ。今はその時期だ。

ベンジャミン・フルフォード 090105 メールマガジンより引用

 

世界を治めていた王様が変わる。世界の人口(20億)を多くの白人と役に立つ少数の有色人種だけにする計画が頓挫した。白人を優先するネオナチ政策をとっていた国の経営が危うくなったのだ。アメリカ・イスラエルそして地中海沿岸のヨーロッパ諸国はインドや中国、ブラジルなどの新興国の協力なしでは復興する事ができなくなった。体中に自分たちの撒いた毒が回り動けなくなったのだ。今までの人口削減計画が新興国にばれどこの国からもお金を貸してくらなくなったのだ。

人間はサルと同じで団体生活しているから王様が必要になる。新しい王様はどんな仕事を私たちにくれるのだろうか、富の再配分を分け隔て無くやってくれるのだろうか。フリーエネルギーの解放はあるのか。楽観的なベンジャミンを信じて見ることにしてみよう。

今年は衆議院選挙があり「政権交代」しアメリカはオバマが大統領が就任する、日本も戦後64年間の毒が吹き出しタブー視されていた真実が明るみに出るだろう。2009年は再出発の年になって欲しいものだ。

王様というのは選挙で選ぶことができないからオバマでもオザワでもない人だ。ここではジェイ・ロックフェラーとデェービット・ロスチャイルドの事を指す。世界を支配する王族からナチスの流れをくむ一族が排除されたようだ。

 


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/105-169e6a1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。