kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気象兵器は存在する

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

 集中豪雨は人工消雨が原因?

 北京オリンピックではなぜか晴天が続いた。前々から言われていたのだが、日本では雨を降らせるために飛行機から薬品をまく実験が行われているが、北京では雨を降らさないために消雨弾が使用された。日本では関係ないように思えるが最近の集中豪雨と関係しているのではないか。天気予報で気象予報士が「信じられない所に高気圧があります」などといっていた。また気象庁気象研究所の楠昌司は「普段は日本海の北の上空を東西に流れるジェット気流が、今夏は日本列島をまたぐように大きく南に蛇行し、北からの冷たい空気が列島に入り込みやすい状態になっている。そこへ温かい湿った空気が潜り込み、強い上昇気流が起き、強い雨を降らせる状況にある」という。仮説であるが短時間に記録的な大雨が降るのは中国の人工消雨兵器 の影響ではないのか。


開会式は晴天で…中国気象当局が「消雨弾」1000発

 【北京=関泰晴】北京五輪開会式が行われた8日夜、入場行進などのセレモニーが行われている時間帯の晴天を確保するため、中国の気象当局が1000発以上の「人工消雨ロケット弾」を発射していたことが9日、明らかになった。

 新華社通信が報じた。「中国では史上最大規模の『人工消雨作戦』で、この種の技術を用いて開会式の晴天を確保したのは五輪史上初」としている。

 中国紙・京華時報(電子版)によると、人工消雨作戦が始まったのは開会式の開始2時間前の8日午後6時ごろ。北京市内全域で夜にかけて雷雨となるとの予報が発表されたため、北京市気象局がロケット弾を雨雲に向けて発射するなどの作業を実施したという。

 その結果、開会式が終了する深夜までに、懸念されていた雨は降らず、空中で聖火に点火するパフォーマンスなども予定通りに実施された。

 人工消雨は、液体窒素などを積んだロケット弾を近付く雨雲に打ち込み、事前に雨を降らせる仕組み。市気象局は、リハーサルを6、7月の2か月間で行っていた。

(2008年8月9日12時03分 読売新聞) この記事は削除されているようです。

 北京五輪 できるの?開会式 人口消雨(産経新聞)

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/topics/e20080806007.html





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/11-6b52f131
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。