kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金はどこで創られるか

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

●中央銀行と政府発行紙幣

紙幣の発行をしているのは中央銀行の日銀であり10円、50円などの硬貨をつくっているのは日本政府です。日本銀行は半官半民の株式会社です政府は日銀の発行するお金に対して利用料(利子)を払い借りています。

紙幣は国家が崩壊した場合、紙くずとしてリサイクルされますが日本政府が発行する硬貨は金属なので新しい硬貨として再利用されるので資産として計算することができます。最近話題になっている政府発行紙幣は利用料を払う必要がなく資産として計算されます。

政府発行紙幣はハイパーインフレを招くことが予想され日本のように一般会計、特別会計、おまけに埋蔵金などという不明瞭な会計が存在する自公政権下では使用することはできません。新しい政権が確立され国家にお金がどれだけあるのか調査された時初めて政府発行紙幣の発行が可能です。

日本が国家として存在できるのは「円」を発行しているからです。日本銀行の完全な国営化を行えば紙幣の利用料を払う必要がなくなり国民は所得税を払う必要がなくなります。

●お金はどこで創られるのか。

お金は日本銀行で発行されます。発行されるの印刷された紙幣です。紙幣は町の銀行に貸し出されます。

たとえば銀行が1億円借りたとします。お金を借りたのだから会計上は一億円の「負債」として計算されます。

銀行はお金を返すときの資金として1000万円を支払い準備金として除きAさんに9000万円貸しだします。 貸し出したのだから9000万円は「資産」として計算されます。

(銀行がお金を貸し出すと行っても現金ではなく銀行の口座に数字か書かれるだけです)

次に銀行は900万円を除き8100万円をBさんに貸し出します。貸し出したのは「資産」として計算されます。

銀行は一億円を借りてAさん9000万円、Bさんに8100万円貸し出し1億7100万円のお金を作り出すことができました。このことを信用創造といいます。銀行はお客さんにお金を貸し出すことで会計上のお金をつくりだすことができます。

銀行は信用創造によって金庫にあるお金よりたくさんのお金を貸し出しています。お金を貸すことによって利息が生まれます。利息も実際に存在しないお金です。そして今では世界中に6京円ものお金が存在しています。お金の大部分は株式や証券取引によって創造された物でコンピューターの中にあります。

世界的な金融危機によってお金の世界は麻痺状態に陥っています。金融から実体経済に波及しています。血液としてのお金が足りなくなってマスコミは政府紙幣の発行が必要だと言っていますが。政府のどれだけお金や謝金があるのかはっきりさせなければ決して発行してはいけません。

最後にオーストラリアの定額給付金のニュースを乗せておきます。

 
 オーストラリアからお届けします。
 こちらでも定額給付金支給が決まりました。労働者一人当たり
950豪ドル(約10万円)が4月のイースター前に支給されます。
(注 現在は急激な円高で1ドル60円程度だが、1ドル100円が
妥当な換算レート)更に4歳から18歳の子供がいる家庭にも950豪
ドル(約10万円)が支給されます。こちらは共稼ぎが多いので、
子供がいる共稼ぎ家庭は、約30万円の給付金が支給されることになります。
日本の給付金との違いは、給付金の金額が大きく違うこと、法案作成、
可決、支給日までがとてもスピーディなことです。今週発表され、
4月に支給されます。

                 天木直人のメールマガジンより 090207

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/119-5a0070e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。