kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っぱらい大臣のどこが悪いのか

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

酷い映像がテレビで流された。国民が選んだ国会議員が記者会見の席で酔っぱらってグテグテと言っている。慣れている国民なら中川昭一さんは酔っぱらっているのが普通だからと思ったはずだ。それにしても酷い醜い映像が世界中に流されてしまったものだ。

酒好きの大臣だから自分の限界も解っているはずだ。お友達の財務官僚や日銀総裁はなぜ記者会見の出席を辞めさせなかったのか。おかしなところがたくさんある事件だ。

テレビで流されたのは18分ある記者会見のダイジェスト版の2分だ。国民受けするシーンをつなぎ合わせて編集してある。馬鹿な国民はこれを見て財務大臣を辞めろとか国民を馬鹿にするなと、怒ること想定して編集してある映像だ。どこの誰が編集したのか、魂胆が見え見えだ。

映像を見たテレビ芸者のみのもんたや、テレビ芸者お気に入りの経済評論家達が中川さんは辞めるべきだとかあきれた大臣だなどと発言させ国民を知らないうちに洗脳している。テレビばかり見ている国民は簡単に中川大臣は辞めるべきだと発言し出す。

ネットで流れている18分の映像は記者会見の初めから終わりまで収録されており私が見た限りではいつもの中川昭一さんが問題なく記者の質問に答えているし退席のときも自分の足で歩いているのだから問題はないと思う。

中川昭一さんは保守的のな所がありアメリカにとっても財務省にとっても扱いにくいから、はめられたのではないだろうか。アメリカの国債を買わされても紙くずになるのはわかっているのだから、国民の財産をこれ以上 破産国家アメリカにつぎ込むことはできない。財務省はアメリカのイエスマンだから、だまらすためにワインに薬を入れられてしまったのではと勘ぐる人がたくさんでてきている。中川一郎のこともあるから生きててよかったと思った方がいいかもしれない。

ヨッパラ大臣より任命責任がある麻生太郎総理大臣を責めるべきである。

 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/133-e283ba3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。