kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察とマスコミによって作られる犯罪

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

小沢一郎さんが党の代表を辞めるべきだという、国民の意見が60パーセントを超えている。朝から晩までマスコミは政治資金規正法がどうのと騒いでいるたまものだろう。「関係者の証言によると、、、」関係者とはいったい誰だろうか。

最近の新聞記者は自分の足で取材するのではなく、記者会見で検察のおっさんが話したことをいかにも取材したようにそのまま記事にするのが仕事になっているようだから、「関係者によると、、、、」という記事を書くことになる。関係者とは誰だろうか。

自民党におだてられいいように使われ捨てられたホリエモンの事件の時よりも今回の方が「東京地検特捜部=国策操作」という図式が頭の中にインプットされたのではないだろうか。国策操作という言葉が始めて使われたのは鈴木宗男さんと佐藤優さんが逮捕された時からだ。

リンクしている檄論檄場において鈴木宗男さんは「秘書を逮捕した検察官も取調べを行っている人も全く同じ人がかかわっている、、、」と話している。また「関係者とは小沢一郎さんの元秘書で自民党から衆議院選挙に出ることが決まったいる人、、、」などと話している。鈴木宗男さんも国策操作で逮捕され裁判中であるために力が入った発言をしているようだ。

檄論檄場    動画があります。

出演

高野孟 (ジャーナリスト) 鈴木宗男 (新党大地) 田中良紹 (ジャーナリスト)

section,01  小沢一郎は辞任するな

section,02      劣化する検察 あぶりだされる”あり方

section ,03     危機対応能力を試される小沢

section,04       政治と金を問う そして総選挙

 


 

小泉政権の時の竹中平蔵のブレインの高橋洋一氏が置き引きで書類送検されたことが話題になったいる。なぜ現行犯なのに逮捕しないのか。植草一秀さんは家宅捜査され120日以上も拘留されてしまったのにおかしいではないか、与党の御用学者だから許してもらえるのかなどというのが一般的だが、少し違った見方の記事を紹介する。

引用開始

 もう一つの文脈は、国際金融資本から、高橋氏の政府紙幣発行論に対する脅迫があるのかもしれない。政府紙幣発行は国際金融資本と真っ向からぶつかるしろものだ。財務省筋からの口封じの可能性もあるかもしれない。高橋氏は、ある講演会で、財務省が不景気でも増税する理由は、税収が多いと財務官僚はポケットマネーを作れるからだと言った。彼は財務省筋に仕掛けられた可能性もあると友人は語っていたが・・。

 違和感が拭いきれないのは、5万円の財布と数十万円もする高級時計を、鍵をかけずにロッカーに入れるだろうか?という疑念がある。金持ちなら気にせずにそのような行動をとるかもしれないというのは、私のような貧乏人の浅はかな考えで、実際の金持ちは用心深い。豊島園のような世俗的な日帰り温泉に金持ちが行くだろうか?5万円の財布なんか盗まれてもヘッチャラ、ブルガリの高級腕時計(数十万円相当)なんか気を使う必要なしなどという金持ちが、火曜日の夜8時に豊島園の温泉に入るだろうか?

 真相は当事者たちから聞くまではわからないが、この事件には奇妙な違和感がある。

引用終わり                       神州の泉 高橋洋一氏窃盗事件の奇妙な違和感

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/150-e8e3b7be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。