kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDにカビ

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

               カビが生えたCD

          cd.jpg 

英会話のCD、15年くらい前に買ったのを持っている。

SPEAKING AMERI CAN 缶の中に6枚のCDが説明書とともに入っていました。一枚だけビニールの包装を空けて使用しただけでそのまま缶の中にしまっていました。インターネットで英語の記事をコンピューターの翻訳で読むようになり、英会話の勉強でもしてみるかということになりました。

浦島太郎が玉手箱を開けた時のように缶をあけCD音源をMP3ファイルにするために取り込み始めました。封を切って視聴した1枚目は簡単に取り込むことができましたが2枚目が取り込めない。さてはコンピュータートラブルか疑ってみましたが、CDの表面が浦島太郎状態で真っ白でカビが生えたいました。

すべてのCDを調べて見ると6枚のうちの4枚が真っ白でした。1枚目は開封してあったので缶の中とはいえ外気に触れてたわけです。外気に触れていない5枚のうちの4枚にカビが生えているのはビニールで包装されるときにカビの菌もいしょに包装してしまったからでしょうか。缶の中でビニールでシールされているCDが真っ白のかびだらけ、どうしよう。

CDについた傷を削って復活させる機械がお店で売られていますがカビには有効なのでしょうか。値段も3000円位するし、新しい中古の英会話CDを探したほうがいいのでしょうか。

今時の高校生は修学旅行で海外旅行する時代です英語をしゃべれるのは当たり前の時代が来ています。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/170-8cae8ca4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。