kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞がおかしい。

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

小沢秘書逮捕事件で「関係者の証言では、、、」と連日報道を垂れ流したマスゴミ。ごみうり新聞ばかりではなく朝日新聞までもがおかしくなってきている。

権力を監視し国民の利益になるようにリードするのがマスコミの仕事だ。広告収入がへり懐が寂しくなった幹部達を接待攻撃する自公政権。金に目がくらんだマスコミこんな図式が頭に浮かんでしまう。

小沢さんを辞任に追い込み成功したマスコミ、しかし次の総理大臣は麻生さんより鳩山さんがいいとう国民の声が大きくなってきた。

きっこさんが運営する世田谷通信によれば

「麻生首相が3大紙の記者らと会食」(世田谷通信)

麻生太郎首相は、20日夜、「朝日新聞」の政治部記者の早野透氏、「読売新聞」の特別編集委員の橋本五郎氏、「毎日新聞」の客員編集委員の岩見隆夫氏らを招き、東京・虎ノ門のホテルオークラ内の日本料理屋「山里」で会食を行なった。麻生首相が誰と会食しようと自由だが、麻生首相に招かれた「朝日新聞」の早野透氏は、本日21日付の「朝日新聞」17面の「ザ・コラム」に、「小沢氏を乗り越えられるか」というタイトルで、民主党の鳩山新体制について「小沢傀儡(かいらい)ではないか?」「友愛が本物ならば、民主党は官僚をやっつけろと言うだけでなく、貧困を正面から見据えるべき」「労働者派遣法の改正問題を民主党はいつまでぐずぐずしているのか」などと書きつらね、本来は政官財癒着の自公政権が原因の数々の問題に対して、あたかも民主党に責任があるかのような論調でまとめている。国民の目の届かない場所で、麻生首相と新聞記者らがどのような密談をしているのかは知るすべもないが、こうした事例が続く限り、国民の新聞離れはますます加速して行くだろう。(2009年5月21日)

引用終わり 

「また頼みますよ!」内閣機密費ならたっぷりありますから。

 


 

天木直人さんのメールマガジンに検察と朝日新聞の関係をかいたおもしろい記事があるので転載することにする。

    
     朝日新聞が検察とつるむ本当の理由


 なぜ最近の朝日新聞は急速に権力寄りになったのか。しかも今回の小沢事件に
見られるように検察べったりの新聞になったのか。

 その理由の中で、最も納得させられるものを、発売中の月刊誌「サイゾー」
6月号の中に見つけた。 在阪の検察担当記者がこう打ち明けたという。


 「朝日が検察とつるむのも無理はないよ。だって一歩間違えたら、自分たちが
捜査対象になったんだから。なんの話しかって? 例の第三者郵便制度の悪用
事件のことだよ」

 これは、障害者団体が郵便物を送る時に使える料金の割引制度を悪用し、大量
のダイレクトメールを発送して正規料金との差額を免れたという事件である。

 今日(5月20日)の各紙は、ついに大阪地検特捜部が日本郵政本社を家宅捜査したと報じている。


転載終わり

 

この悪質な違法行為に、実は朝日新聞が30%の株式を所有するグループ傘下の広告代理店「朝日広告社」も、手を染めていたことがわかったという。

割引制度を使った20万通近いダイレクトメールの印刷をてがけていたことが
わかったというのだ。

朝日新聞の弱みはそれだけではない。国税担当記者が証言する次の不祥事は、朝日の信用を失墜させる不祥事だ。

東京国税局の調べで、過去7年間に、架空経費の計上など、数億円単位の申告
漏れを指摘されたことが今年の2月に発覚した。

なかでも問題だったのが、京都総局のカラ出張で、総局長自ら不正に手を染め
ていた。

刑事告発されたら検察が調べる事になるが、この京都総局長は、検察にも顔が
利く人物だという。事件化しなかったのは検察となんらかの手打ちがあった
のではないか、と囁かれているという。

架空経費の計上やカラ出張の件はすでに一部報道されている。しかし冒頭の
朝日広告社の第三者郵便制度の悪用の話は、私にとっては初耳だ。

これが本当の事だとすれば、決定的な朝日新聞のスキャンダルだ。それは、
今まさに世の中を騒がせている現在進行形の醜聞である。障害者優遇制度を悪用してカネを掠め取るとは、たちが悪すぎる。

朝日新聞はもはや何を書いても説得力はない。メディアが検察に弱みを握られて
いては、権力の不正を追及することなどとても出来ない。
   
      ─────────
 天木直人のメールマガジン 2009年5月21日発行 第194号
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/177-ebc78044
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。