kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機農業で地産地消、学校も病院もただの国

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

      200万都市が有機農業で自給できるわけ

             吉田太郎 著

                                     kyuba.jpg 

 

                        有機農業、自転車、風車、太陽電池、自然医学、、、、

                        エコロジスト達が長年、夢見てきたユートピアが、

                       現実のものとして、

                       国家規模でカリブ海に突如として出現した。

                       ソ連圏の崩壊とアメリカの経済封鎖により、

                        食料、石油、医薬品が途絶する中で、

                        彼らが選択したのは、

                        環境と調和した社会の変身だった。

                        日本の状況を上回る未曾有の経済崩壊の中で、

                        エネルギー、環境、食料、教育、医療問題を、

                        彼らはどう切り抜けていったのか、

                         貧しくとも陽気に、助け合いながら、

                        国家存亡の危機へ挑戦していった

                         人々の歩みから見えてきたのは、

                       「自給する都市」という

                          もう一つの未来図だった。 

                        キューバから見えてくるこの未来図は、

                         私たちにきっと、大きなヒントと

                         元気を与えてくれるにちがいない。

 


 

スローライフのキューバ

 ソ連圏の崩壊とアメリカの経済封鎖で食料、水、電気、生活物資が窮乏した。肉食中心の食事から野菜中心の食事へ変わり、車中心の交通が自転車や馬車の交通手段に変わった。医療は治療中心から予防医学へ変わった。

 油が無いから肥料の生産ができない、生ゴミをミミズで堆肥化し飲料水は微生物で浄化した。原発と縁を切り、脱ダム宣言しソーラパネルを国中に張り巡らせた。石油が入ってこなくなったから脱石油文明を作ったのだ。

 携帯電話もなければ、コンビニもなく肉もふんだんに食べられない。カストロみずから玄米菜食を実践した。工場や学校の裏庭で有機野菜を生産し労働者や学生の食べ物を自給するようにした。ハバナ市では空き地を畑にし有機野菜を栽培、地産地消を実践している。

 社会主義といえば全体主義を思い浮かべるが、キュウバは地方議員も国会議員も直接選挙で選ばれる。おもしろいのは選挙監視委員には小学生がなることだ、有権者は子供の前では不正な選挙活動もできないし、小学生にとっては社会勉強になると言うのだ。この柔らかな国民性はサルサからくるのだろうか。

 日本の食料自給率は50パーセントを切っている、基軸通貨ドルが終わると同時に世界中の貿易が止まることになる。国家の間で貿易を行うにも使用する通貨が決まらない限り商売は成り立たなくなる。日本に輸入される食品も石油も薬品も止まってしまい、日本はキューバと同じ状態におかれる。

 油がなければ電気も車も工場も止まってしまう。原料が輸入できなくなるから工場では何も作れなくなる。肥料も農薬も作れなくなるから食糧自給率は1パーセントになる。

 日本のキューバ化は目の前まできているのだ。

 

 

スポンサーサイト

Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/217-c99e2bab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。