kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代医学は東洋の知恵を学ぶべきだ。

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

 「抗ガン剤で殺される」の船瀬俊介さんのビデオが公開されています。期間限定ですのでお早めに見てね。

 船瀬さんが若い頃は日本のワレサ(チェコ大統領)なんて呼ばれていましたが最近の顔の表情はフセイン大統領に似てきました。環境問題評論家という肩書きですが話を聞いてると落語家ではないかと思われるくらいの話っぷりです。分かりやすく医療や環境問題を語る貴重な存在ですね。

 近代医学は戦場医学から始まった。

 1  http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=111


 近代医学の始まりは19世紀のヨーロッパの戦場で生まれた。戦場で傷ついた兵士を助ける為の応急医学であった。傷付きを鬱ぎ出血を止める救急医学だった。


 熱が出ると解熱剤を下痢をすると下痢止めを咳が出ると咳止めを飲む、何でもかんでも薬屋が作った薬を飲み直ったような気になっているのが現代人だ。本当はウイルスを殺すために体は熱を出し、毒を出すために下痢をしているのだ。体が自分で治すために熱を出したり下痢をしたりしているのを止めることになる。近代医学は症状を抑える為の学問であり救急医学に過ぎない。


 近代栄養学も戦場で必要なエネルギーを体に補給するための戦場医学に過ぎなかった。


 食べないと体に悪いと言うけれども体を正常な状態に戻すために断食をすすめています。食べないことで正常な体に戻すことができる。

 「手当て」は体に手を当てること。

 2 http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=112


 イギリスでは手かざし療法(霊起療法)に保険が適応されている。体に掌をかざして手から出る遠赤外線で治療する治療法で英語ではレイキヒーリングと呼ばれている。日本では手かざし療法は医療行為として認められていない。

 現代医学(戦場医学・栄養学)は東洋の知恵を学ぶべきだ。

 


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/221-85c3e80f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。