kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイテク戦争

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

監視されていませんか

 米軍がF22戦闘機の調達と中止した、冷戦が終了した現代において高いステルス性能と攻撃力を持つ戦闘機の意味がなくなりつつあるようだ。隊列を組んで走ってくる戦車を攻撃するには大きな攻撃能力をもった兵器が必要だが、現代の非政府民間農民ゲリラ(タリバン)との戦争の場合には小さなミサイル抱えた無人偵察機やヘリコプターの戦闘になる。

 ラスベガスのトレーラーの中で複数のモニターを見ながら操縦するパイロットと監視カメラを操る兵隊で24時間監視続けることができる。監視される方は無人偵察機の音も聞こえず監視されているなど気づかないしレーダなどもってないのだから肩に担ぐ空対空ミサイルも役に立たない。戦争はテレビゲームに近づききつつある。倒れた兵士や血も見ずに戦争が続けられている。これが現代の戦争なのか。テロとの戦争は必要なのかテロリストは米軍ではないのか。

 私たちの暮らしは高速道路ではMシステムで車のナンバーが記録され、町中では知らないうちにカメラで監視されている管理社会だ。マラソン大会ではスニーカーの中にマイクロチップを埋められて携帯電話の端末で選手のいる場所が表示されるシステムが導入されている。

 安全のため、記録を取るため、さまざまに理由付けされて人間が管理されているコンピューター社会だ。あなたも部屋の中を飛んでいるハエに監視されているかもしれない。

                           いろんな形の無人偵察機

 


 

ラスベガスでタリバン狩より一部引用

「あのトレーラーの中はイラクです。もう一つのトレーラーの中はアフガニスタンです。」ケンタッキー、ルイスビル出身のクリストファー・プランプ空軍中佐が説明してくれた。「いずれにせよ、あそこに入れば、アメリカ中央軍AOR[担当地域]に入るわけです。」 つまり、これらトレーラーの中では、アメリカ北方軍管轄下の北米から離れ、アメリカ中央軍の領域である中東に入るのだ。ややこしい地理は、ここまでにしよう。 MQ-1Bプレデター無人偵察機、クルーの呼び方によれば“プレド”は、ここで操縦されているのだ。地下、そして、海底光ファイバー・ケーブルが、これらのトレーラーを、地上管制局に、実際は、パラボラ・アンテナで、バグダッド上空や、アフガニスタン-パキスタン国境沿いなり、どこなり必要な場所にいる、全プレデター無人偵察機と、直接接続しているヨーロッパとつなげている。現地の空港が、これら無人機を空中に発進させると、ラスベガスが、後を引き継ぐ。 プレデター無人偵察機は、軍が運用している何十種のUAV(無人機)の中で最も有名だ。1990年代に、バルカン半島で初めて使用されたが、イエメンで、2002年11月、プレデター無人偵察機から発射されたAGM-114Pヘルファイア徹甲ミサイルが、五人の仲間と砂漠を旅行中のアルカイダ指導者、アブ・アリ・アル-ハリティが乗った自動車を焼きつくし灰にして、その存在を確立した。また、プレデター無人偵察機は、イラク武装反抗勢力の指導者アブ・ムサブ・アル-ザルカウィの最期の日々を追跡していた。 大半の人は、無人飛行機と聞けば、恐らくは模型飛行機を思い描くだろう。実際、プレデター無人偵察機は、大きなグライダーのような形だ。全長8m、翼幅約15.24mという大きさは、セスナ・スカイホークの寸法に匹敵する。プレデター無人偵察機の外板が、金属をほとんど含まない複合材料でできているため、燃料や爆弾を除けば、重量わずか512キロで、4気筒エンジンによって、24時間も滞空できる。非常に軽いため、練習機の尾部を、片手で持ち上げるられた。パイロット用の生命維持装置も、余計な安全装置も必要とせず、わずか420万ドルしかしない。F-22一機の費用で、40機以上のプレデター無人偵察機を製造することができるのだ。420万ドルのうちの1/4が、飛行機の胴体につけられた回転する球体である“ボール”に使われるが、そこには光学機器、レーザーと、ビデオ・カメラが搭載されている。 しかし、プレデター無人偵察機で、最も目ざましい点は、ゆっくり飛行することだ。大規模な歩兵部隊の編隊を攻撃するのではなく、個人や、戦士達の小集団を探し出して殺すのが目的である、反乱鎮圧作戦では、飛行機が、より低速で飛べば飛ぶほどまさに好都合なのだ。また、低速で飛べば、損傷の度合いも少なく、それが、プレデター無人偵察機が、他の多くの飛行機より、保守の手間がかからない理由だ。

                           マスコミに載らない海外記事 原文あります

                                     無人偵察機プレデター

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/222-5fdcea2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。