kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代は変わる。

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

郵政民営化疑獄がはじまる。

○ 2005年郵政民営化、衆議院選挙

大森実さんはテレビで発言し首になった。(今は復帰している)

「郵政民営化はアメリカに金を貢ぐ為だ!」、「各メディアに電通を通して5000億円渡った、郵政米営化の工作資金として、、、」と発言。次の日に電通からあなたの仕事は無くなったと告げられた。報道番組から降ろされてしまったのだ。

日本は工作資金としてアメリカから5000億円もらい電通経由で大手新聞5社、テレビ局5社に渡した。各メディアはアメリカのドル防衛の為に郵政の資金をアメリカに渡すための衆議院選挙だと一言も報道しなかった。報道したのはホリエモンや刺客のことばかりだった。結果として自公は大勝ちしてしまった。

○ 8.30市民革命がおき時代の流れは大きく変わった。

「大森実の時代を斬る」より引用

政権交代で新たな疑獄事件が始まりそうだ。小泉・竹中 逮捕か?

 

2009.9.15
森田実の言わねばならぬ【744】
平和・自立・調和の日本をつくるために[739]
《新・森田実の政治日誌〈150〉》「新たな疑獄事件」発覚の情報が金融界の裏側を走る
「天に口なし、人を以て言わしむ」(日本の諺)

 

 

 最近、金融界、証券界、経済界の中枢で働いている複数の情報通から「新たな疑獄事件発覚」の情報がもたらされている。この回数が頻繁になっている。政治情況から見ると、”何か”が起こりそうな時期である。

 戦後史を振り返ると、大疑獄事件は、政治の大きな変わり目に発覚して表面化する。これが歴史法則のように繰り返されている。昭和電工疑獄事件は芦田均社会・民主連立政権が崩壊過程に入った時に発覚した。造船疑獄事件は吉田茂内閣末期に発覚した。黒い霧事件は池田勇人内閣の末期に発覚。ロッキード事件は田中角栄内閣のときに発覚し大事件となった。リクルート事件は中曽根康弘内閣末期、竹下登内閣のときに表面化した。東京佐川急便事件は自民党金丸信体制の末期に発覚した。いずれも、政変につながった。政権交代後に起きた場合は、政権の基盤の変革につながった。

 今回噂されているのは構造改革・郵政民営化・金融改革に関連するものである。自公連立政権が終わったいま、表面化しようとしている。

 どう展開するか? 注意深く見ていきたい。ここには諸々の勢力と組織の複雑な思惑が絡んでいるようである。戦後史を見てきた一人として”何か”が起きつつあるという感じがしている。

[この件は、詳しい情報が入ったとき、また書きます]    


 のりPの次は小泉・竹中!!御用だ、御用だ。

hikimawashi.jpg 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/240-1167249d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。