kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連鎖する貧困と戦争

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

                       

                    アメリカ弱者革命

            報道が教えてくれない

        アメリカ弱者革命   堤未果 著

 

貧困大国アメリカ


アメリカ人には肥満体の人がたくさんいる。中間層でなくフードスタンプとう制度に甘んずる低所得者層に肥満体の人達がたくさんいるのだ、政府の援助でもらえるフードスタンプで買えるのは調理器具を使わないですむファースト・フードと量が多くカロリーの高いお菓子類だけだ、こんな物しか食べられない人達がたくさんいるのだ。親から子への貧困の連鎖が止まらないのだ。


国家議員の子供達でイラクやアフガニスタンへ行く者はいない。ベトナム戦争の時は徴兵制度があったが、今は貧しい人達が退役後の夢の為に戦場へ送られたいる経済的徴兵が行われている。


軍の援助で大学へ行けるの、嘘。


高卒の学歴ではファースト・フード店のウエーター位の職業にしか就くことができない、ずっと自給5ドルの生活がつづくことになる。子供達に唯一残された道は軍隊に入り大学へ入学することだけだ。軍のリクルーター達は子供達に「戦場に行くことはまずないから入隊し政府の援助で大学へ行くのが成功の道だ」と誘い続ける。

大学の授業料は1990年から10年間で50パーセントあがったてしまった。

退役後に1200ドルの前金を払って大学へ入学できるのは全体の35パーセント、そして卒業できるのが15パーセントだ。軍に入り政府の援助で大学を卒業できる者がほとんどいないのが現実だ。


子供達に迫る教育という名の徴兵制度


アメリカの軍隊はすべて志願制だ。テロとの戦いが始まって以来たくさんの戦死者と体と心に傷を負った退役軍人が町にあふれている。政府は子供達に退役後の夢を見せだまし続けている、教育で洗脳し戦場にかり出すしか方法は無いのだ。


落ちこぼれゼロ法案(2002年) 107~108ページより引用


「すべての高校は、生徒の親から特別な申請書が提出されない限り、軍のリクルーターに生徒の個人情報を渡さなければならない。

 また、軍の関係者にも、普通の業者のリクルータと同じように、就職説明のために生徒と接触することを許可することを義務づける(107条110項)」。


軍に渡される情報には、生徒の名前、住所、国籍、両親の職業、入学してからの成績、市民権の有無、携帯番号と、かなり個人的なものが含まれる。


学校が個人情報を渡すの拒否した場合の罰則は政府からの助成金の打ち切りだ。

裕福な私立学校はそれでいいが、助成金でぎりぎりの経営をしている公立学校には選択の余地はない。


学校で軍事訓練と洗脳が行われている、子供達にはリーダーシップ教育と説明されている。


JROTCJunior Reserve Officer Training Corp)とはアメリカ国防省がやっている、国内の15 歳から18歳までを対象とした制度の一つだ。

 成績や出席率の悪い留年候補組の高校生を引き上げる目的でつくられた、プログラム。

 教育省のデーターによると、現在、全米で約1万2千校がこのプログラムを取り上げており、617校が順番待ちの状態でいる。 177ページ~178ページより引用


経済的徴兵で戦場に送られる子供達は、社会の底辺から軍の底辺へ連れて行かれるだけだ。ぶじ退役しても大学へも行けずに社会の底辺に戻されるだけだ。失業やホームレスになる未来があるだけだ。


子供達に未来はあるのか

JROTCに反対し立ち上がった高校生や戦争で子供を亡くしたお母さん達の運動が紹介されている。

一人の黒人女子高生は私に往った。

「確かにアメリカは最低、世界最強の国でいつづけるために私たち弱者を踏みつけている。でも、人間の歴史を見てごらん、革命を起こすのはいつだって弱者だよ」236ページより引用


、、、、、、、、、、、、


アメリカに憲法九条を


アメリカが日本にくれた憲法九条、私は憲法九条こそ大和魂だと思っている。自衛隊でもイラクで35人の兵隊が死んでいる、自殺や病気、事故で23人死亡その他の12人の死因は発表されていない。

憲法が守られていたならイラクで死んだ自衛隊員はいないはずだ。イラクへ送られた自衛隊の人達には憲法九条の重要性がよくわかるのではないだろうか。


憲法九条の重要さは戦場に行った人達にはよくわかるはずだ、アメリカに憲法九条を送り返そうではないか。


 

                        

スポンサーサイト

Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/247-13be40f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。