kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球製 UFO

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

宇宙戦争 冗談でしょう

金融商人達が始めた戦争ビジネスは敵対する王様達にお金を貸し武器を買わせて戦争させた。資本主義圏と共産圏を作り二つの勢力にお金を貸し戦争させたのが東西冷戦だ。ソビエトが崩壊し敵がいなくなった、次に考えたの「911事件」を起こしキリスト教とイスラム教を戦わせたのが「テロとの戦い」だった。

戦争中毒のアメリカが次に考えたのは「良い宇宙人」と「悪い宇宙人」との宇宙戦争だ。100年に一度と言われる経済恐慌を起こした金融商人達は想定外の経済危機を引き起こした為に戦争によって解決する道を選ぼうとしているのか。

ここまで書いてよくわからなくなったが、アメリカの崩壊とともに隠し続けていたもが表に出てしまうことがたくさんあると思っている。その昔 ヒットラーがチベットで探し求めた地底王国「シャンバラ」の秘宝であったり、古代の革新技術だったりする。ベルリンが陥落した時何百人ものチベットの仏僧達の死体が確認されている、ナチスは「シャンバラ」にたどりついたのかもしれない。


オバマ大統領ノーベル平和賞の次は宇宙人と記者会見??

米国ペンタゴン筋からの情報によると、パパブッシュ一派が次に出してくる
“9・11事件”を凌ぐ企みは“宇宙人の到来”だそうだ。
11月末にCNNテレビで、オバマが2時間特番を予定している。その特番では
6人の“いい宇宙人”が世界に紹介されるのだという。また、戦後からずっと米
国政府により極秘に作られてきた円盤が“宇宙からやってきたUFO”として一般
公開されるという。
しかし、いくらハリウッド的なショーで世界中にパニックを起そうとしても、
世界のトップは騙されない。連中がどう足掻こうが、彼らの刷る紙幣が再び国
際通貨として認められる見込みはない。このまま時間が経てば経つほど、彼ら
の立場は不利な状況へと追い詰められていくだけだ。

                                      ベンジャミンフルフォードのメールマガジンより引用

地球製UFO

TR3B.jpg 

TR3ーB アストラ <ロッキード・マーチン&ボーイング)

x22.jpg 

Xー22A 円盤形戦闘機 <ロッキード・マーチン>

詳しくは下記のページを見てください。

 kazumoto iguchis blog より http://quasimoto.exblog.jp/10232047/

 



アメリカが開発した地球製造UFO物語

<動画のあらすじ>
200X年、某国の調査室責任者フランソワ・オルソーが、安全保障に関する調査報告を行った。
その席上、第二次世界大戦前から現代に至る、
「ある危険な勢力」による、世界的規模の秘密工作が明らかにされる。
世界的な脅威であり、国民に情報を公開すべきであると 彼が主張するその調査報告とは。
第二次世界大戦中にヒトラーは、カルト、秘密結社の調査機関「アーネン・エルベ」を設置した。
「アーネン・エルベ」は、インド、チベット方面の調査中、古代叙事詩「マハーバーラタ」に記述された円盤型兵器、
核兵器などが実在したことを突き止め、探し出した古代文明の末裔たちから詳細な情報を入手した。


ナチスドイツは、それらの資料をもとに、円盤型軍用機と核兵器を敗戦までにほぼ完成させていたが、
実戦に投入されたのは、円盤型戦闘機のごく一部であった。
開発に関わった技術者と機材は、戦後、戦勝国であるアメリカとソ連の手に渡った。
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha777.html#01
アメリカは、開発中の円盤型軍用機の存在を、大衆の目から隠すため、ねつ造であると分かる
UFO目撃情報を意図的に流す、巧妙な情報操作を行なった。
「アーノルド事件」、「ロズウェル事件」等を作り出すことにより、UFOは異星人からの地球侵略という
妄想の産物である、という先入観を一般大衆に植え付けることに成功した。
http://www.fitweb.or.jp/~entity/ufo/rozuweru.html

アポロ計画での月面着陸時、月には複数の(異星人の)UFOが飛来したという。
また文明の遺構が月面探査で写真撮影されていたが、公開された場合に予想される社会の混乱を防ぐ
という名目で、NASAはそれらの写真をすべて修整し建造物を消し去った上で公開した。
(2001年の「ディスクロージャー・プロジェクト」講演会においても、月における文明の存在が明らかにされている。)
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-moon01.html


 

  オライオン・コンスピラシー  公式サイト       http://www.theorionconspiracy.com/

Ghost Riponの屋形(やかた)さんから引用

 http://ameblo.jp/ghostripon/theme8-10008524531.html#main

http://ameblo.jp/ghostripon/theme7-10008524531.html#main

 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/254-cb4e57e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。