kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコという「嘘」

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

                          暴走する偽環境ビジネス

          暴走する「偽」環境ビジネス   武田邦彦

 

気候が変化している

1970年頃が最も寒い時であった、今は1940年頃と同じで温暖化していると言われている。学校や企業では温暖化の犯人は二酸化炭素(CO2)だと教育しているようだ。空気中に含まれているわずか0.04パーセントの量の二酸化炭素が原因で温暖化してるというが、太陽活動と気温の関係も無視できないだろう。二酸化炭素犯人説は時間とともに忘れられるかもしれない。


森林が二酸化炭素を吸収するのか

木の葉は二酸化炭素を吸収することによって光合成し成長する。植林することによって二酸化炭素は削減できると学校で教えているようだ。生物は自然界では時間とともに朽ち果て最後には微生物によって分解され蓄えられた炭素は酸化され二酸化炭素として放出されてしまう。もちろん途中で伐採されたり山火事で消え去ることもあるが自然の法則では森林は一次的に二酸化炭素を預かっているだけだ。


シベリアでは大火で消失する森林は平均一年で1000万ヘクタールだ。この森林火災で発生する二酸化炭素を新しい森林で補うためには10億ヘクタール程度の健全な森林が必要だがシベリヤの森林面積は全体でも2億5000万ヘクタールしかない。 

火災を防止する技術が進歩しない限り世界のどこの森林も二酸化炭素を吸収することはできない。


氷山が溶けても海面は上昇しない

コップの中に氷を浮かべて溶かしてみても水面の高さは変わらない、北極の氷山が無くなっても海面は上昇しないのだ。南極大陸が温暖化すると海面が暖められて水分が蒸発し冷やされやがて雪になり地上で氷に変化する、温暖化すると氷が増えることになる。温暖化によって海水が膨張することがあるが海面の上昇は数センチだ。



明日のエコでは間に合わないの「嘘」

自治体が分別したゴミを集めてリサイクルしている、ほんとうだろうか。自治体が集めたゴミを産廃業者に渡すことをリサイクルというようだ。産廃業者は集めたペットボトルをゴミ焼却所で燃やしたり輸出したりする、ペットボトルとしてリサイクルされるのはごくわずかの量でしかない。ペットボトルをリサイクルすると石油からペットボトルを作る値段の二倍になる。燃やしてしまうのがいちばいい利用法だ。


家電リサイクル法で冷蔵庫を処分する時にお金が必要だ。業者はお金を取り、リサイクルしないで中古品として販売二重に儲けている。


地震の活断層の上にある原子力発電所や再処理施設は危険きわまりない。原子力は発電時に二酸化炭素を出さないのも嘘だ、燃料を作るときや廃棄物の処理にかかる費用は計算に入っていない。やがて原子力発電所本体の解体が始まる、どれだけのお金が必要なのだろうか。


電気自動車は二酸化炭素を出さない電気の利用は二酸化炭素削減に有効な手段だ。家庭では電気をこまめに消して二酸化炭素の削減。どちらが本当だろうかテレビは嘘ばかり言っている。

 

地球の冷やし方

武田先生のいう一番簡単な地球の冷やし方はサハラー砂漠に鏡を並べて太陽光線を反射する方法。海面下1メートルの水温は表面と比べ低い水温だから海面をかき混ぜることによって水温を下げることができる。なるほど良いアイディアだ。



武田邦彦先生のブログの紹介


太陽電池の開発者たちは何を想う? http://takedanet.com/2009/11/post_9a83.html


太陽電池と聞くと懐かしい         http://takedanet.com/2009/11/post_f8be.html

 








スポンサーサイト

Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/261-a8589df9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。