kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウクライナから始まる世界危機? 外国製ワクチンは危険です

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

ウクライナで新型インフルエンザか、生物兵器が空からまかれた?

季節性インフルエンザ+カリフォルニアインフルエンザ+新型インフルエンザ=スーパーインフルエンザ

ウクライナはヨーロッパのど真ん中にある国だ東にロシア西にはEU諸国、そして南側はトルコだ。黒海沿岸からヨーロッパへ運ばれる天然ガスのパイプラインが通っているエネルギーの要の地だ。地政学的に重要でありユダヤ人の生まれ故郷です、ペストはユダヤ人の移動とともに世界中に広がりました。新型インフルエンザの変異体ではないことを祈っております。

日本国内のではニュースとして扱われていません。ウクライナの位置を地図で確認できます。

無題 ←クリックすると大きくなります。

 


 

新型インフルエンザのワクチンは危険です。!

○ ワクチン17万回分、使用中止に=英社製、カナダで高比率副作用-新型インフル

問題となったグラクソのワクチンには国産には含まれない免疫補助剤(アジュバント)が添加されているほか、筋肉注射を行うなど製造、使用方法が国産と異なっている。長妻昭厚労相は23日、東京都内で開いた記者会見で「昨日、グラクソの担当者を呼んで話を聞いたが、詳細はつかめていない。12月上旬までに調査団を送り込んで、実態を把握していこうと考えている」と述べた。その上で、副作用が一部の生産ロットに限定されるものか、製造などに起因するものかどうかについて確認を急ぐ考えを示した。(2009/11/23-13:54)

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009112300020

 

○ 新型インフルエンザについて免疫学の安保徹先生はおもしろい発言をしています。「若者よ新型インフルエンザに大いにかかれ」 21世紀型医療は「自分で治す」~手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1989

 「ワクチンなんて歴史的に効いたためしはほとんどありません。弱めたウイルスを使ってワクチンを作っているわけで、本物の抗体ができないのです。今までにワクチンを打った人で、その後インフルエンザにかからずに済んだという例は1つもありません」 本文より引用。


 

死者の肺は真黒 ウクライナで謎のインフルエンザが流行、既に315人死亡

 【大紀元日本11月19日】現在ウクライナでは謎のスーパーインフルエンザが大流行している。死亡した患者の肺は炭のように黒く、内出血と肺水腫の症状があり、第1次世界大戦後のスペイン風邪に状況がよく似ている。ウクライナ政府の発表によると、現地では16日の時点ですでに140万人が感染、315人が死亡しており、近隣諸国のパニックを引き起こしている。WHOの先週の論評では、現地のウィルスは突然変異していないとのことだが、世界的流行病の第二波であると考えられているようだ。

 今回のインフル発生後、当初はH1N1インフルと考えられていたが、間もなく、3種のインフルが変種したウィルス性肺炎であることが伝えられ、新型インフルと別のインフルが結合し、スーパーインフルに変種したのではないかと指摘されている。

 ウクライナの救急医師Myron Borysevych氏は、このインフルエンザウィルスはH1N1型でも肺炎でもないと見ていると述べた。医師らは、このインフルは内出血と肺水腫の症状があり、スペイン風邪に類似していると考えている。また、西部地区の医師がこのウィルスによって死亡した患者を解剖したところ、肺が炭のように黒く、まるで焼け焦げたようになっていたという。

 ウクライナ首相、WHO専門家にウィルス分析を依頼

 ウクライナのビクトルユシチェンコ大統領は、WHO専門家9人を首都キエフ及びリヴィヴに緊急召集してウィルス検査を行い、英ロンドンへ送って分析を行っている。大統領はさらに、現在多くの人が死に直面し、インフル大流行により医師まで死亡していると伝えた。

 「他の国で流行しているインフルとは異なり、ウクライナでは新型インフルのほかにも季節性インフルとカリフォルニアインフルが同時に流行している。ウィルス学者は、この3種のウィルスが変異して一つに結合してしまえば、攻撃力を持つ合成ウィルスになるだろうと推測している」と大統領が伝えている。

 17日、WHOはサイト上で、ウクライナの新型インフルは、今年4月に始まった新型インフルの遺伝子と同じであり、突然変異ではないことを伝えた。

 1日で2万人近くが感染

 ウクライナ「キエフポスト」紙は、15日の時点で、インフル感染と呼吸道ウィルスによる死亡者は299人に増え、134・7万人が感染しており、当日24時間以内に1万7千人余りが感染していると報道。この数字は1時間ごとに更新されている。現在さらに多くの人の感染が伝えられ、特に西ウクライナ9地区に集中しているようだ。

 現在ロシア、スロバキア、ポーランド、ハンガリー、ルーマニアはすでに、入国するウクライナ人に対して健康診断の実施を開始している。ポーランドのトゥスク首相は、欧州委員会とEU議長国のスウェーデンのラインフェルト首相に書簡を出し、「EUレベルでの迅速な行動が必要である」と促した。

                                       http://www.epochtimes.jp/jp/2009/11/html/d31787.html

 

 


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/270-b98c4972
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。