kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗うつ剤が鬱病を増やしている、薬より体温を上げろ。

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

体を温めれば、病気なんか怖くない。

新型の抗うつ剤(SSRI)の成分は痲薬と同じで痲薬および向精神薬取締法で取り締まらない薬だ。鬱病などで自殺するのを防ぐために認可された。しかし覚醒剤みたいなものだから死ぬのが怖くなくなりおまけに凶暴になったりする、だから薬が認可された時から自殺者の数が増えた。

リチャード先生が講義で話されているが、ある鍼灸院では麻薬中毒の治療から始めるそうだ。鬱症状の治療は簡単だが薬の中毒の治療は難しようだ。

utubyou.jpg 

パキシルの使用とともに増える気分障害者

 

参考資料 http://richardkoshimizu.at.webry.info/201001/article_21.html 

リチャード先生の健康講座 「体温と健康」http://zerosen560.blog60.fc2.com/blog-entry-291.html

 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/298-8287de80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。