kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川議員女性秘書取り調べ事件。

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

石川議員女性秘書取り調べ顛末。

原口総務大臣が語る報道のあり方。

上杉隆 twritter  http://twitter.com/uesugitakashi

 

原口総務大臣がクロスメディアのことを語っているが、私が愛読している天木直人さんのメールマガジンでおもしろい記事を見つけた。

報道姿勢を使い分けるメディア

講談社 日刊現代(反検察) 週刊現代(反小沢)

     週刊朝日(反検察)  朝日新聞(反小沢) テレビ朝日(不明)

天木直人メールマガジンより引用

私が愛読する日刊ゲンダイはこの事件以降、小沢擁護、検察たたき一辺倒に終始していて、
実につまらないものになっている。毎日同じ事の繰り返しだ。おもしろい情報がまるで
なくなってしまった。検察たたきへの迎合である。

 ところが週刊現代は毎週小沢たたき一辺倒だ。

 これは何を意味するかと言えば、親会社の講談社が使い分けているのだ。

 同じ事は朝日新聞にも言える。朝日新聞は小沢批判であるが週刊朝日は検察批判に徹している。

 テレビ朝日はわけがわからない。小沢をたたいていると思えば検察たたきだ。なにしろ
あの田原総一郎が検察たたきの片棒を担いで見せたりする。わけがわからない。

 他のメディアも同様だ。要するに使い分けているのだ。その背後にあるのは、正義の追及
の仮面をかぶった営業目的がある。読者、視聴者への迎合がある。

 引用終わり

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/308-b9aa5794
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。