kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増える米国債

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

鳩山民主党は正気なのか、アメリカに洗脳された財務官僚が米国債を買っているのか?

米国債保有トップの中国を追い越し日本がトップになった。日本政府はアメリカから国債を売るなと言われている。中国政府はアメリカの国債購入の見返りとしてアメリカからミサイルなどの軍事機密を貰っていると言うがどこまで信じれば良いかわからない。

2012年には北米統一通貨アメロが発行され米国ドルは亡くなる。世界中で流通している米国ドルは香港ドルと交換されるという噂が流れている。各国が持つ米国債は紙切れになるか、それともアメリカが保有する金塊や領土と交換されるなどと言われているが紙切れになるのだろう。

日本の米国債保有量が増えているのはCIAによる民主党攻撃(政治と金の問題)を控えて貰うために買っているのか、国債を買わなければトヨタとホンダを潰すぞと脅されているのかもしれない。

言えることはテレビに出てくる自民党清和会(アメリカのポチ)や御用テレビ芸者達の表情がだんんだん醜くなっていることだ、彼らもアメリカというご主人に追い詰めれているのだ。

それにしても民主党にはしっかりして貰いたいものだ。

 

                            米国債  

 

米国債保有、日本が中国抜き首位=1年4カ月ぶり

2月17日0時53分配信 時事通信      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100217-00000005-jij-int

 【ワシントン時事】米財務省が16日発表した国際資本収支統計によると、昨年12月末時点の各国別の米国債保有高は、日本が7688億ドル(11月末は7573億ドル)となり、2008年8月以来、1年4カ月ぶりに首位となった。中国は7554億ドル(同7896億ドル)で2位。最大保有国の地位逆転は、貿易などで摩擦が強まっている米中関係にも影響を及ぼしそうだ。
 日本は2カ月連続で米国債保有高を増やした一方で、中国は保有高を削減してきており、首位が逆転した。中国による保有高削減は、外貨準備の運用先多様化の一環とみられる。ただ、対中ダンピング(不当廉売)調査など通商政策をめぐり米側の厳しい対応が目立ち始めた昨秋以降、米国債の保有高削減が一段と加速している。 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/312-0b3190cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。