kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間 終わりのない日本、沖縄の負担

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

小沢一郎さんの政治と金の問題以外はまともな記事を書くようになった「東京新聞」の記事を紹介します。普天間基地移転先を日本政府が探すなどというのは馬鹿げたことだ、移転するのはグアム島と決定されアメリカ政府から要求通りの予算がおりているのだから、グアム移転は決定事項だ。なぜ日本政府が陸上案とか海を埋め立てて飛行場を作るとか言っているのかよくわからない、利権の問題が絡んでいるのだろうと思うが。

日本政府が負担するのは沖縄からグアムへの引っ越し費用であったはずだが米国本土からグアム島へ移動する海兵隊の費用も含まれると言うからますますわからなくなってくる。

元外務官僚の天木直人さんは民主党が野党の時には自公政権の日米同盟を政策を批判し監視していたが与党になったからは批判しなくなったと言っている。頼みは連立政権を組む社民党だけだ。

米在住家族分も負担  沖縄海兵隊グアム移転

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010022402000109.html  東京新聞

2010年2月24日 朝刊

写真

 二〇〇六年五月に日米合意した「米軍再編」に基づき、日本側が負担する米海兵隊の家族住宅建設費の中に、米本土からグアムへ移転する家族分まで含まれていることが分かった。日本側は二十五億五千万ドル(約二千三百二十億円)をかけて、三千五百戸の家族住宅を建設するが、米国から移転する家族分まで負担することは議論を呼びそうだ。

 防衛省は、在日米軍の再配置に必要な費用を「リロケーション(移転費)」として負担してきたが、国外への移転で負担するのはグアムが初めて。まして米国から米国への移転費用を肩代わりするのは前例がない。

 米軍再編の合意文書には、沖縄の負担軽減策として「海兵隊八千人とその家族九千人は沖縄からグアムに移転する」と明記されているが、実際の沖縄在住者は「海兵隊一万二千四百二人、家族七千五百九十八人」(〇八年九月、沖縄県調査)にすぎない。海兵隊八千人が移転すれば、残りは四千人強となって抑止力に不安が生じ、また家族はゼロ以下になるため、合意内容が疑問視されていた。

 これまで政府は「移転する海兵隊は実員数ではなく定数、家族はその定数を踏まえた概数」(〇九年二月二十六日衆院予算委、当時の中曽根弘文外相)とするだけで、実員で何人移転するのか、また家族は沖縄在住の全員が移転するのか不明だった。

 米本土からグアムに移転する家族について防衛省幹部は「米軍にとって沖縄は海外だから単身赴任者もいる。しかし、グアムは米領土のため、基本的には家族を帯同することになる。家賃は徴収する」と本紙の取材に回答。米国の家族のための住宅提供は沖縄海兵隊のグアム移転に伴う出費と説明した。現時点で米本土から移転する家族数は「分からない」としている。

◆解説

 米軍再編の目標のひとつ「沖縄の基地負担軽減」が実現する見通しが不透明になってきた。グアムに移転する家族九千人の中に、米本土からの移動が含まれることが判明し、合意文書に書かれた「沖縄からの移転」は文面通りには受け取れないからだ。

 家族住宅三千五百戸の建設は、日米合意した沖縄の海兵隊八千人とその家族九千人が移転するという想定に基づくが、日本政府は実際に移転する人数を掌握していない。

 その一方で、グアム移転経費のうち、日本の負担は六十億九千万ドル(約五千五百四十億円)と決まり、昨年二月には米国との間で司令部庁舎や、単身者が住む隊舎などの建設に二十八億ドル(約二千五百五十億円)を米国に支払う「グアム移転協定」を締結した。同協定に基づき、二〇〇九年度は三百四十六億円、一〇年度は四百六十八億円を支出する。

 隊舎、家族住宅の建設費として米国に支払うカネはヒトケタまではっきりしているのに、定数分の隊舎、家族住宅を造るのか、それとも実数に合わせて減らすのか、その方針さえも明らかになっていない。

 防衛省幹部は「移転する人数に合わせるから、空き家は造らない」と言い、実際の家族住宅の建設戸数が減る可能性を示唆する。

 それは沖縄から移転する兵員数が想定より少なくなることを意味し、普天間飛行場の移設をめぐり、政府部内で「県内たらい回し案」が浮上する中、沖縄の負担軽減は遠くなるばかりだ。 (編集委員・半田滋)

 

 


防衛予算を管理できない民主党

天木直人メールマガジンからの引用

今日のメルマガで私が言いたいことは以下の部分である。

 このスクープ記事を知った民主党は、はたして予算編成の見直しをするのか。

 まず100%間違いなく、民主党はそれを行わないだろう。

 私がそう確信するのは、昨日2月26日に行われた「政権交代と憲法改正の行方」という
シンポジウムに出席していた平岡秀夫民主党衆院議員の話を聞いたからだ。

 その具体的内容をここで明らかにする事は適当ではない。

 しかしそれを一言で表現すれば防衛関連予算については政治主導がまったく働いていない、という
現実である。

 日米同盟関係予算の手をつけようとする政治家も政治的動きも、今の民主党には皆無であると
いうことだ。

 外務、防衛官僚の要求どおりであるということだ。

 民主党が野党であった時は確かに追及した。しかし、それはあくまでも自民党政権を倒す観点からの
追及であって政策論争からではない。

 政権をとった今、日米同盟予算に手をつける考えはないのだ。

 そういえば迎撃ミサイルやヘリ搭載型護衛艦(空母)や新戦車などの購入費や、米軍再編がらみの
予算は、手つかずのままだ。

 民主党が政権を取った事により、日米同盟がらみの予算を監視する者がいなくなった。外務、防衛官僚
に白紙委任されてしまった。

 私にとっては耐え難い現実である。

引用終わり


  

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/318-a1eadff1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。