kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敵を欺くにはまず身方から?

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

民主党の八百長政策?沖縄県民の民意の尊重すべきだ。

d

 鳩山政権は優柔不断ではっきりしない。普天間基地の移転の問題も閣僚達が辺野古の埋め立てとかキャンプシュワブの陸上案がいい。新聞やテレビの報道をみていると学級崩壊でちんぷんかんぷんだ。当事者の沖縄県民は反米反本土感情をかき立てている。

日本政府がアメリカの意見にたとえ反対であっても、帝国のアメリカに対して属国の日本はある程度の譲歩が必要だ。しかしアメリカ帝国政府と言っても沖縄県民が出て行ってくれというのが民意なら形だけの民主主義国家であっても撤退すべきである。ASEAN諸国には米軍は駐留していない。だからASEANの一員であるフィリピンからも米軍は撤退したのだ。日本でも沖縄県民の反米感情が高まれば米軍は撤退しなければならない。

イラクとアフガニスタンで戦争をしているアメリカにとっては普天間移転なんか小さな問題だ。つぶれかけているアメリカ政府は米軍のリストラ、軍縮をするしかないのだ。テロとの戦いの為に米軍を再編成しているのだから日米安保で生活している人達が沖縄にずっといてくれと言っても無理な訳だ。

日本は海兵隊の移転費用の60%を負担する、その上に沖縄に新しい海兵隊の基地など作れるわけがないだろう。

d

 日本政府の本音はアメリカの植民地(属国)の日本は、正面からアメリカに反対することはできない。沖縄に海兵隊の立派な基地を作りたいし思いやり予算もたっぷり出したい。しかし反対している国民を60年安保の時のように弾圧するわけにはいかない。

国民のみなさん日本政府はアメリカに対抗することはできません。しかしアメリカ政府は日本の国民の意思を無視することはできません。鳩山総理は「国民のみなさんアメリカ軍を追い出してください」と言っているのでは?。民主党が普天間基地の移転先を沖縄にするというのは国民を奮起させるための八百長政策と考えればおもしろいだろう。

帝国アメリカといえども支配国の国民の意思を無視することはできない。

アメリカさん日本から撤退してください。私たちは独立します。

ハトポポ たてまえは「日米軍事同盟を守ります」、本音は「国民のみなさんアメリカを追い出してください」。八百長です。


 

米国防次官、グアム移転予算の継続求める

   ワシントン=小川聡】米国防総省のドロシー・ロビン国防副次官(基地施設、環境担当)は19日の下院歳出委員会軍事建設等小委員会の公聴会で、沖縄駐留海兵隊8000人のグアム移転について、「日本との関係で何が起きても、グアムは米軍にとって巨大な戦略的価値がある。グアムの米軍が今より増えないシナリオは考えられない」と述べた。

米軍普天間飛行場の移設問題が決着しなくても、同問題とパッケージになっている海兵隊のグアム移転を進めるべきだとする立場から、2011会計年度予算案に計上された4億5200万ドルを認めるように議会側に求めたものだ。

 副次官は「普天間の関連で(グアム移転計画は)一時停止しているが、我々は前に進まなければならない。グアム移転費の総額100億ドルのうち60%は日本から出る。日本に対してお金の支払いを続けるように求めるためにも、我々が予算措置を継続することが重要だ」と語った。

2010年3月20日18時43分  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100320-OYT1T00654.htm
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/327-7c978bf7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。