kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの予言

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

二つの予言が語られている一つは目は9.11事件の真相が世界中に知れわたること。二つ目は10月14日から3日間に渡り巨大UFO が地球に出現すること。

9.11事件の真相が世界中に知れ渡る

9.11事件の方はディビット・グリフィン博士と9.11真相究明運動がノーベル平和賞にノミネートされているから、これかもしれない。真相究明運動というのは名も無いネット住民のブロガーも含まれると言うからすごいことだね。

ノーベル賞というのは欧米を裏で操っている秘密政府決める賞だから受賞するとなれば裏側の世界でクーデタがおこっていることになる。予言には、いつから分からないが60日以内にとあるから受賞しなかった場合はほかの事件で暴露され世界中に拡散るのかも知れない。

9.11事件が石油の利権と軍事利権だけではなく第三次世界大戦を捏造し人口を20億人にし一部の支配層と奴隷だけの社会をつくる目的だったと暴露する。ブッシュやチェイニーが信仰する「悪魔教」の理念を実現することが目的だ。こんなことまでばらしてしまう予言だそうだ。

ノーベル平和賞は2007年「不都合な真実」でアル・ゴア元副大統領が受賞しているからきわめて政治的なものだといえる。「原子力発電は発電時CO2を排出しません」を売りにした原子力利権と「CO2排出量」を市場で売り買いするための世界システムをつくることを目的としたものです。だから洞爺湖サミットが「地球温暖化」がテーマになったのです。

金融利権から説明すると現世界帝王ディヴィット・ロクフェラー(93歳)から甥のジェイ・ロックフェラー(71歳)権力が移りつつある。

ディヴット・ロックフェラー(シティバンク)石油利権から

ジェイ・ロックフェラー(ゴールドマン・サックス)原子力利権に世界支配権力移動することです。

10月14日 巨大UFOが現れる宇宙人かアメリカによる世紀末の演出か

UFOのほうはたくさんの予言があります。何キロもある大きなUFOはエリア51で何回も目撃されているので始めての話ではない。宇宙人(私はまだ会ったことがない)と地球人が昔から付き合いがあり、いよいよ表側に出てくるというのが10月14日の話です。愛と平和と希望に満ちた新しい世界が始まるなんていうのが語られている。今の金融の混乱も新しい金融制度に生まれ変わるため地球人と宇宙人が共同作業をしているからという人もいるのだから。ここ二ヶ月間ぐらいが100年に一度ぐらいの大きな変わり目だから何でもありと考えられる。

親地球的な宇宙人ならいいけどウルトラマンに助けてもらわなければならなくなったら大変だ。もっと厄介なのは宇宙人に化けたブッシュ一族が以前からUFO の研究をしてて地球にないような新しい兵器で地球人を攻撃してきたりして人口削減作戦と人類奴隷化作戦の実行されたら大変だ、「神様」のふりをして地球を支配するこんなことがあるかもしれない。

アメリカも日本も信じられない大きな力で動かされている。石油・原子力が否定され死に体の裏政府によって隠されていたフリーエネルギーが目の前に現れるのはもうすぐだろう。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/39-889640b6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。