kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の未来は

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

人工放射能は体内に濃縮・蓄積する

天然放射能は体内に濃縮・蓄積しない

 



地球上の生物で人工の放射性物質がだす放射線と共存できるのは一部の微生物だけだ。カメも犬も鳥も人間も植物も原子炉の中で作られた人工の放射能と共存できない。原子力の開発がはじまってから100年も経っていないのだから無理な話だ、生物を生み出した神様も地球上の生物が人工の放射能と共存できる能力をまだ授けていないのだ。放射能で汚染された世界で生き抜くには突然変異と自然淘汰で新しい人類が生まれるしかないのだ。

ラジウム温泉に入り浸りになっている人が微量の放射能は健康に良い、だから年間20シーベルトぐらいなら大丈夫だなんていうが、ラジウム温泉からでるラドンは自然の放射能だ、ラドンガスのα線は原子炉の中で作られたα線とは性質が違うのだ。

人類は低レベル?(年間20ミリシーベルト)の放射線があるところで長時間生活することを経験したことがない、何もかも有史以来の初めての体験だ。

今でも老人を介護する人が足りないのに、多くの被爆患者を抱えた社会が近未来に出現しそうだ。
被爆にすることで癌や白血病になるまえに風邪や糖尿病や心不全で多くの人達が死んでいくだろう。

どうするんだ日本は。東京政府は国民を見捨てたのか。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/432-b49adcf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。