kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瓦礫の処分法は?

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

元外務大臣の岡田克也さんが昨日の放送で「福島の子供たちを避難させないのは、お金がないからだ」という暴言を吐いたそうだ。利権につながる除染の費用は出すが命を救うためのお金は出せないそうだ。はっきり言ってこの国は終わっている。

11月に行われた木下黄太さんの講演で地方自治体は瓦礫を受け入れるべきではない、被災者を受け入れるべきだ。西日本は食料の生産地として確保すべきだ。


放送では小出先生は怒られることを覚悟で瓦礫を受け入れるべきだと言っている。受け入れる前提条件として焼却炉にセシウムを99%除去できるフィレターを取り付け、焼却灰は東京電力福島第二原子力発電所の敷地に保管すべきだと言っています。


私はセシウムはフィルターで取り除けてもストロンチウムやプルトニウムは取り除けない、瓦礫は福島で処分するしかないのではと思っているのですが。





スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/465-36794890
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。