kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートたけしの「9.11テロ 7つの疑惑」

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

初めのほうに出てくるデェビット・グリフィン博士は2008年のノーベル平和賞にノミネートされた人です。時代が大きく変わればノーベル平和賞をとれるかも。9.11事件の真実追究する人達は交通事故や突然の事故や病気で死んでいます。この番組を放送は関係者にとって大変な事であったでしょう。

 NHK解説員主幹の長谷川浩さんが10月10日23時からの特別番組で「WTCビルでの犠牲者を国籍別に調査したところアメリカとイスラエルの二重国籍をもつ4000人のユダヤ人は一人も死んで無かったと報告しました」。ところが10月15日NHK構内で長谷川浩さんは変死体で発見されました。

 今から200年前ぐらいから世界を操っていたワルどもは自分たちが捏造した金融危機で大変です。自業自得です。二回の世界大戦も世界大恐慌もソビエト共産主義もロスチャイルド家、ロックフェラー家、ローマ法王、イギリス王室、パパブッシュなどの血縁関係にある人達が捏造したものです。今回の金融危機も世界戦争を起こし解決使用としたのですが失敗。インターネットのおかげで情報はみんな知られてしまい手も足もでない状態です。彼らの作る秘密政府の力が弱くなることを祈ります。

しかし本当の事を言える自由が有るのは日本だけです。アメリカでは9.11事件以後「愛国法」が作られテロリストの疑いで逮捕されてしまいます。ドイツにいたってはヒトラーの著書「我が闘争」は許可が無ければ読むことができません。欧米で「ナチスによるユダヤ人虐殺(アウシュビッツ)は無かった」などと発言すると大変なことになります。

 ユダヤ人の事を悪く言えるのはユダヤ人だけです。日本でも共謀罪や「消費者庁」を作ることによってインターネットでの発言・言論も規制にのりだそうしています。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/50-4460f44b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。