kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋谷弾圧事件 情報拡散お願いします

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

だれを逮捕するか打ち合わせする どーがね(タコ坊主)、植草先生のサイトが閉鎖されてしまいました。知られたくない知らせられたくない内容が有ります。情報拡散お願いします。

不当逮捕者3人は釈放されていません。どーがねタコ坊主達は初めから逮捕するつもりでいた。公務執行妨害を捏造し逮捕の段取りであったが待ちきれずフライング逮捕。

01keikokuwo.jpg02keikokuwo2.jpg03shingou.jpg04ojisantachi.jpg04ojisantachi2.jpg05icchaune.jpg06temee.jpg
07yoshi1.jpg 08yashi2-1.jpg 09yoshi2.jpg10yoshi2.jpg 11yoshi3.jpg12shuudan.jpg13koubouda.jpg14futohtaiho.jpg

3人に不当な勾留延長がついてしまいました

26日以来不当に拘束されている3人の仲間に、昨日、東京地裁にて勾留延長の決定が下されました。
逮捕された「被疑者」は、法律上、警察のみの判断で48時間、続けて検事の判断で24時間、勾留することができます。そしてその後、世界に冠たる極悪長期拘束システムとして、裁判所の許可さえあれば1回10日・2回まで勾留を延長することが可能となっています。
もちろん、勾留の延長には、単に「もう少しで取り調べがうまくいくから」のような捜査側のみの都合だけでは決められない「タテマエ」があります。具体的には、住所不定、罪証隠滅の恐れ、逃亡の恐れが認められなければなりません。
そして今回の3人が、これらを満たしていないことはあまりに明らかです。3人ともに日常の生活があるわけですから。
しかし実際には、警察がこれを請求すれば裁判官はほぼ無条件にその言い分を信用し、勾留が認められてしまうことが大半です。そして今回もまさにそうなってしまったわけです。

この延長は、検事の判断で途中終了となる場合があります。
私たちはしっかり世論に訴えて、この不当性をあらゆる手段でアピールし、1日も早い解放をかちとっていかねばなりません
公務員と肖像権
どーがねタコ坊主が仕事中ならどんどんカメラを回しましょう。公務執行中の人間には肖像権は存在しませんから、ただし邪魔をしないようにね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/60-7cfc08bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。