kame kame usagi

時間のA面で繰り返される、不思議なB面について

スポンサーサイト

Posted by zerosen560 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テロとの闘い」は最大のジョックだった

Posted by zerosen560 on   0 comments   0 trackback

911テロの11ヶ月前にロックフェラーからアフガニスタン、イラクでの対テロ戦争が始めるための大きな事件がアメリカで起こることを知らされた。アロン・ロッッソ監督はこのビデオを撮影,2007年死亡した。アメリカのFRBが個人の銀行であることアメリカ国民は所得税を納める義務がないという映画でのメッセージを残して。

会で海上自衛隊がやっているガソリンスタンド法案が可決された。日本の国会議員が「テロとの闘い」の事をまじめな顔をして議論しているのがおかしくてしょうがない。解っていないんだ、世界を裏側で動かしているロックフェラーやロスチャイルドという金持ち達が金の為、そして究極の目的は世界の人口を20億人するためにムダメシ食い達を殺し残りの人間を家畜のように支配するの為の戦争が「テロとの戦い」だと言うことを。

国会議員達はアルカイダという組織がありビンラビンが指揮をしていると信じている、アラブ人のテロリストが自爆テロを仕掛けてくる、頭のなかにすり込まれてしまっているんだね。

9.11とオサマ・ビン・ラディンやアルカイダとは何の関係もなかったとアメリカのFBI自信が認めている、そしてイラクのフセイン大統領も911テロとなんの関係もなかったがイラクが対テロ戦争の戦場にされてしまった。イラクとアフガニスタンで無実の人達が100万人殺されてしまった、嘘で始めた戦争の為に。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://zerosen560.blog60.fc2.com/tb.php/90-e180a49b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。